【Premiere Pro】4BGのメモリでわりとさくさく動画編集するためのポイント3つ【低スペックPC】

動画編集はスペックがものを言います。つらいよね。

 今回はPremiere Proのお話。

f:id:HYLE:20190523201635j:plain

 

まあ、私は2019年でも無理矢理Premiere Pro CS6(現在は販売停止されている買い切りパッケージソフト)を使っているわけなので、Premiere Pro CCを使っている方には参考にならなかったりわかりにくいかもなのですが、

 

今回4BGのメモリでもPremiere Proでわりとさくさく動画編集する方法を解説していきたいと思います。

 

一応、カット編集多めのこんな動画も手順を間違わなければ無理矢理4GBで作れたりします。

www.youtube.com

 

 

①再生時の解像度を1/4にする

まず、再生時の解像度を1/4にしましょう。

f:id:HYLE:20190916150526p:plain

Premiere Proって再生時の解像度を1/4とかにしても、再生を停止した時は普通に高画質なんですよね。私は、別に自分が編集してる最中は高画質映像見れなくていいや、と思ってるので何の問題もありません。

 

常に高画質の映像を見続けながら作業したい、という方はメモリ4GBじゃ全然足りんとなってしまいますが、私みたいに静止時に高画質な画像を確認できりゃいいや、くらいの気持ちの人なら4GBでも普通にさくさく編集できます。

 

②色味の調整は最後にとっておき、カット編集からとりかかる

4GBでもさくさく編集する最も重要なポイントは、色味の調整は最後に行い、カット編集からとりかかることです。

Premiere Proでのメモリを食う作業って、基本的にカラー関係のエフェクトなんですよね。

 

カラー関係のエフェクトは、以下のようなものがあります。 ※CCでは名前変わってるかもですが…

 

・輝度&コントラスト

・RGBカーブ

・RGBカラー補正

・カラーバランス

・クイックカラー補正

 

羅列したエフェクトだけでなく、映像の色を少しでも変更するエフェクトはPremiere Proの動きをめちゃくちゃ重くして、カット編集どころではなくなってしまいます。なので、

 

色味の調整→カット編集

 

ではなく、

 

カット編集→色味の調整

 

の順番で作業すれば、4GBでも十分作業できます。

ちなみに、切り取る画面の大きさや角度を変える「モーション」などのエフェクトは特に重くならないので前半からバリバリ使っちゃってOKです。

 

③最初に色味を調整したい人はプリセットを駆使する

とはいっても、最初に色味を決めて作業したい、という方も多いかと思います。私も殆どの場合、先に色味を決めたい派。そんなときには、

 

1,一旦1つの素材に色々とエフェクトをかけたあと

2,そのエフェクトをまとめてプリセットに保存して

3,エフェクトを一旦素材から外す

4,全体のカット編集

5,最後にプリセットに保存したエフェクトを全ての映像にまとめて適用

 

という順番で作業を進めます。

 

2の「エフェクトをまとめてプリセットに保存する方法」と5の「プリセットに保存したエフェクトを全ての映像にまとめて適用する方法」は非常に簡単なのですが、知らない人もいるかと思うので解説していきます。

 

エフェクトをプリセットに保存する方法

1,「ビデオエフェクト」のエフェクトが一覧になっている場面で、保存しておきたいエフェクトをまとめて選択する

※Macはcommandを押しながら選択すると複数エフェクトを選択できます。WindowsはたぶんCtrlキーでたぶんいけます。

 

2,右クリック→「プリセットの保存」を選択

f:id:HYLE:20190916150553p:plain

すると、名前を自分でつけられるので好きな名前にしときましょう。

f:id:HYLE:20190916151514p:plain

 

これだけで、「エフェクト」欄の一番上にあるプリセットのフォルダに保存したプリセットが表示されるようになります。

f:id:HYLE:20190916151838p:plain

 

プリセットに保存したエフェクトを全ての映像にまとめて適用する方法

保存したプリセットは、ドラッグアンドドロップで素材に直接適用できます。まとめて複数の素材に適用したい場合は、

 

素材をマウスで複数選択→ドラッグアンドドロップ

f:id:HYLE:20190916152353p:plain

 

で簡単にまとめてエフェクトを適用できます。

 

まとめ

というわけで、繰り返しになりますが、4BGのメモリでもある程度さくさく動画編集するには

 

1,一旦1つの素材に色々とエフェクトをかけたあと

2,そのエフェクトをまとめてプリセットに保存して

3,エフェクトを一旦素材から外す

4,全体のカット編集

5,最後にプリセットに保存したエフェクトを全ての映像にまとめて適用

 

という感じで編集すればOKです。

 

冒頭でも貼りましたが、編集の順番さえ守れば、こんな映像とかは4GBでも十分作れます。

www.youtube.com

 

いかんせん私が使ってるバージョンがCS6なので色々名前が違ったり編集画面が古かったりしてわかりにくいかと思いますが、もし「4GBでメモリ足りねー!でもパソコン買い換える金無ねー!でもPremiere Pro動かしてー!」って人はぜひ試してみてください。

 

逆に、再生時の解像度を高解像度にしたり、一旦エフェクトをプリセットに保存して外し、最後にまとめて適用…みたいな作業がめんどくさい人は、諦めてPCのスペックを上げるしか無いと思います。ざんねん。