【DTM】しょぼいソフトシンセのエレキギター音には「ギター用のアンプとキャビネット」プラグインがおすすめ

今更気づいたんですけど、DTMでエレキギターの音作りをするには「ギター用のアンプとキャビネット」プラグインは必須だな、と思いました。

 

しょぼいソフトシンセのエレキギターの音をどうにか本物っぽい音に近づけるためには、普通のエフェクターやEQだけじゃパワー不足。とにかくパワー不足なんですよ。

 

ちゃんとギター用のアンプとキャビネットを使って音作りしてくことが大事なんだなーと気付きました。

 

 

 アコースティック音源はある程度ごまかしが効く

f:id:HYLE:20190508205652j:plain

私自身、ギターを弾くことはできますが、コードを押さえる指の皮が厚くなるのが嫌でギターを断捨離しました。基本的にDTMでギターのレコーディングをすることはないのですが、たまに欲しくなるんですよね、ギター音。

 

基本的にアコースティックギターならしょぼいソフトシンセの音でもある程度リバーブとEQでごまかしが効くんですが、エレキギターとなると、どうしてもしょぼさが拭えない。そう思っておりました。

 

リアルなエレキギターの音を作るには、

 

・新たに高い音源を買うしかないのか?とか

・持ってるけど7.45GB以上もあってSSD圧迫しまくってめんどくさいからインストールしてなかったエレキギター音源を再びPCに入れるべきか…?

 

と悩んでいたんですが、このたび「ギター用のアンプとキャビネット」プラグインを使うことで解決することができました。

 

※ちなみに、後日↑の7.45GB音源をインストールしたんですけどあまりメリットを感じなかったので即アンインストールしました。

 

私の基本的な音作りのワークフロー

私の基本的な音作りのワークフローは以下の通り。

 

①シンセやサンプラーで適当にプリセットから音を選ぶ

②シンセやサンプラー側である程度音作りする(必要無いならそのまま)

③コンプレッサーやEQ、リバーブ、フィルターなどシンプルなエフェクトで調整

 

という感じです。

 

 

基本的に、シンセやサンプラー側である程度音を作ったら、

DAWのインサートエフェクトにエフェクター適当に挿しとけばいいだろう、大事なのは縦(EQ)と横(M/S)だ!という考え。

 

あんまりエフェクターの種類にはこだわりません。

 

エレキギターの音も、サンプラーのプリセットを適当に選んでシンプルなエフェクターを挿して終わり、という感じでした。

 

エレキギターにはエレキギター専用のプラグインがおすすめ

f:id:HYLE:20190722025552j:plain

しかし、エレキギターの音にはエレキギター用のアンプとキャビネットを使うととんでもないくらいリアルなエレキギターの音に近づくんですね。

 

普通のシンプルなエフェクターだけだと、なんか貧弱でペラペラな音になるんですが、ギター用アンプとキャビネットをプラスしただけでめちゃくちゃリアルでヘビーで個性的な音に生まれ変わります。

 今まで「ギターようアンプ?よくわかんねーや、どうせできることはその辺のエフェクターと一緒だろ」とたかをくくってたんですがまじで反省。

 

ギター用のアンプとキャビネットis神。

 

実際の音(同じソフトシンセの音で比較)

ちなみに、今までの音作りの限界がこちら笑

www.youtube.com

ソフトシンセで歪みのあるエレキギターの音に適当にエフェクターをいろいろ挿して作った音。明らかにペラペラした音です。ごめんなさい。原曲はとてもいい曲です。

 

実際に、しょぼいソフトシンセのエレキギター音源に実際ギター用アンプとキャビネットを使って作った音の音源がこちら。

www.youtube.com

 

太さが違います。存在感、パワーが違いますよね。ここまでエレキギターの音に満足したのははじめて。これ、同じソフトシンセ使ってるんですよ。信じられませんよね。

 

 

 

ソフトシンセ側のエレキギターの音はクリーンにしとく

エレキギターの音は、ソフトシンセで既に歪みまくっている音とか余計な味付けをした音を選ぶのではなく、クリーンな音を選ぶ方がクリアかつ個性的なサウンドが作れます。

 

今までプリセットで適当に選んでたんですが、ギター音はプリセットに頼らず、クリーンな音を選んでおいて、インサートにギター用アンプとキャビネットを挿して音作りしたほうが断然音が良いですね。

 

私が実際に使っているのはNative InstrumentsのGuitar Rig 5

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE 12

私が実際に使っているプラグインは、Native InstrumentsのGuitar Rig 5です。

あらゆるプラグインやソフトシンセ、サンプラー、音源がセットになったKompleteに入っております。

 

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE 12

NATIVE INSTRUMENTS ネイティブインストゥルメンツ/KOMPLETE 12

 

 スタンダード版、最上位版どちらにも入ってます。

 

 

Native InastrumentsのKompleteに限らず、Wavesのギター用アンプ使ってみたけど同じくパワフルな音になったので、別にメーカーとかそんなに気にしなくていいと思います。

 

無償で使えるNative InstrumentsのGuitar Rig 5

ちなみに、Native InstrumentsのGuitar Rig 5は無償版もあります。機能制限はありますが、十分に使えるかと。

 

一個もギター用アンプ、キャビネットを持っていないよーという方はぜひお試しあれ。

Komplete : ギター : Guitar Rig 5 Player | 製品

 

もちろん、ギター用アンプとキャビネットはソフト音源だけでなく普通にレコーディングしたギターの音にも使える(というかむしろ本来はそっち用)のでギターでがんがんレコーディングする人にもおすすめです。