【Cubase Pro 10】もう行ったり来たりしなくていい!サイドチェインの手順がかなり楽になったので紹介

突然ですが、サイドチェイン、めんどくさいですよね。

今まで全然気付かなかったんですが、Cubase Pro 10ではサイドチェインの手順がかなり楽になっておりますので、詳しく解説していきたいと思います。

 

今回紹介するサイドチェインに関するアップデートはCubase Pro 10かららしいので、10にアップグレードした後も、サイドチェインのやり方を今までと変わらず同じやり方でやってるよーって人はぜひ参考にしてみてください。

f:id:HYLE:20190515123132j:plain

 

1,まずは通常のサイドチェインのやり方

通常、Cubaseのサイドチェインでは、例えばコンプレッサーでベースの音を潰してキックの空間を作る場合、

 

1,ベースにコンプレッサーをインサートする

2,コンプレッサーの「サイドチェイン」ボタンをオンにする

3,キックのセンドでベースを選ぶ

4,ベースのコンプレッサーを調節

 

みたいな感じで大きく分けると4ステップ必要です。

 

んで、サイドチェインをかける際、何が一番面倒くさいかって、ベースとキックのトラック(の、チャンネル設定画面)を行ったり来たりして処理しなければならない、ということ。

 

f:id:HYLE:20190730092147p:plain

チャンネル設定画面は、この画面のことね。

 

2,Cubase Pro 10でアップデートされたサイドチェインのやり方

基本的に、今までと同じやり方でサイドチェインできるんですけど、Cubase Pro 10では便利なボタンが現れたことで、かなりサイドチェインが楽できるようになっております。やり方は以下の通り。※この場合もベースとキックを例に解説します。

 

1,ベースにコンプレッサーをインサートする

2,コンプレッサーの「サイドチェイン」ボタンをオンにする

------ここまでは今まで通り-------

3,「サイドチェイン」ボタン横の▼マークを押してキックを選ぶ

f:id:HYLE:20190730092814p:plain

ここのボタンを押して…

f:id:HYLE:20190730093103p:plain

「Side-Chain 入力を追加」ってボタンが出てくるんで

f:id:HYLE:20190730093159p:plain

一覧からトラックを選びます。この場合はキックの音を送りたいので、キックを選びます。

 

4,ベースのコンプレッサーを調節(今まで通り)

あとは、ベース側のコンプレッサーを今まで通りいじればOK。

 

トラックを行き来しなくていいのが本当に楽

f:id:HYLE:20190730093936j:plain

このように、文字で書くと手数自体は変わってないように思えるんですが、実際にやってみると、トラック(の、チャンネル設定画面)を行ったり来たりしないでいいのが本当に楽です。

 

私の場合、ベースとキックに関してはすでにテンプレートでサイドチェイン設定し終えているんでそこまでつらいなーと思うことはあまりないのですが、たまにシンセとか他のトラックでサイドチェイン設定したいときは「ほんっとめんどくせえな」と思っていたので、このやり方に気付けてとても幸せです。