創作活動していて「辛い」と感じること4選と楽になる考え方・対処法

創作活動をしているといろいろな壁にぶち当たります。私も、「楽しいーーー!」「最高ーーーー!」とだけ感じながら曲を作っているわけではありません。今回は創作活動中に「辛い」と感じること、そして楽になる考え方・対処法を解説してみます。

 

 

f:id:HYLE:20190521225802j:plain

1,才能無さすぎてつら

 

・自分に才能が無さすぎて辛い

・自分の作品に自信が持てない

・自分みたいな人間が努力しても無駄なんじゃないか?と思ってしまう

 

楽になる考え方・対処法

そもそも最初から自信満々な人ってそんなたくさんいないと思う。

 

ゴッホとか、作品数2000くらいありますけど、実際に評価されている作品はそこまで多くありません。

 

ピカソも、15万点近くもの作品がありますが、いくら子供時代に周りの大人達から評価されていても、普通に貧乏すぎて青い絵の具しか買えない時代があったし、描いてから30年間売れない作品とかもあった。

 

たった数百作品作ったくらいで「才能無い…」って言ってると天国にいるゴッホとピカソからぶん殴られそうです。

 

最初からいきなり才能を認められる人間のほうが少ないです。淡々と作りましょう。

 

 

f:id:HYLE:20190523201441j:plain



2,他人から評価されなくて辛い
 

・誰からも評価されなくて辛い

・作っても作っても誰からも注目されない

 

楽になる考え方・対処法

他人と比べて落ち込んでしまう、というのはめちゃくちゃよくわかります。でも、作るジャンルや状況は人によって違ってくるので、完璧に比べることなんか不可能。

その人にはそのやり方、表現方法が正解だったというだけで、あなたには自分だけの正解があるはずです。

比べてしまうと気持ちが沈んでしまうなら、いっそ比べる対象を目に入れない方がいいです。自分が楽しめるように工夫することが大事かと。

私も未だに他人と比べて落ち込むことはありますが、「そもそも比べる対象がおかしい」ということがほとんど。無駄に自暴自棄にならないよう自分に優しくしましょう。

 

3,アンチコメントや批判が怖くて辛い

 

・アンチコメントや批判されるのが怖くて発表できない

・批判されるとやる気がなくなる、なくなった

・めっちゃバカにされた

 

楽になる考え方・対処法

そもそも、地球上全員に100%好かれる作品なんてものはありえません。 どんなに素晴らしい作品でも、「これ嫌い」と思う人は一定数います。発表しなかったら自分の作品を「好き」と言ってくれる人にも出会えません。

 

 

例えば、YouTubeで自分の動画が100万人に視聴され、99%の人に嫌われて1%の人間に好かれたとしても1万人です。すごい数だと思いませんか?1万人も自分のことを好きになってくれるなんてかなり幸せな世界ですよね。

 

そもそも、駆け出しの頃なんて誰も見てくれなくて当たり前。恐れずいきましょう。

 

 

 

4,制作スピードが遅くて辛い

 

・制作スピードが遅すぎて嫌になる

・もっと早く作れるようになりたい

 

楽になる考え方・対処法

文章を書くのが遅い、曲を書くのが遅い、絵を書くのが遅い…という悩みを抱えているクリエイターの方も多いのではないでしょうか。私も未だにもっと早く作れるようになりたいなあ、と思ってしまいます。対処法としては、

 

①とにかく作る

②考え方を変える

③他人の理論を借りる

 

の3つがあります。やっぱり、作品は作れば作るほどスピードは早くなっていきます。私も、最初のころは歌もの1曲作るのに1ヶ月とかかかってたしたが、現在はマスタリングまで込で1週間で作れるようになりました。

 

ブログも、たった500文字の記事に何時間も悩んだりしたけど、今は2000〜3000文字書けるようになりました。

 

あと、あまり最初から「良いものを作ろう!」と意気込むと息苦しくなるので、「1つ頑張ったとこがあればいいや」と考えれば楽になります。

 

また、ハウツー本などを読んで他人の理論を借りることもおすすめ。

最近では、作詞家の及川眠子さんの本を読んでかなり楽になれました。

ネコの手も貸したい 及川眠子流作詞術

ネコの手も貸したい 及川眠子流作詞術

 

 作詞だけでなく、なんかしら言葉を扱うクリエイターなら読んで損はありません。というかクリエイターの聖書。

 

まとめ

f:id:HYLE:20190515123132j:plain

ということで、未だに私も上記のようなことで悩んでは「でも〇〇だしな…」みたいに一人脳内会議してます。

まだまだ全然他人と比べて落ち込むし、恥ずかしいし、アンチコメント怖いし、才能無さすぎて落ち込むし、落ち込むことばっかりです。

 

でも、そのたびに↑のような考え方や対処をしてなんとかたのしく続けてこれております。少しでも、同じことで悩んでいる人の救いになれば幸いです。