【DTM作業用】モニターヘッドホン(イヤホン)のおすすめの選び方。大事な3つのポイントを紹介

 今回はDTM作業用のモニターヘッドホン(イヤホン)のおすすめの選び方について書いていきたいなーと思います。

 

 

イヤホンとかヘッドホン、安いやつだと解像度が低くて細かい音聞こえなかったりするので安すぎるものは避けてる

①細かい音が聞こえる
②デザインがかわいい
③予算内

の中から選んでる
いくらフラットなクセのないヘッドホン使ったって目標音源と聴き比べない限りアウトプットの質は上がらない

 

 結論から書くと、Twitterに書いた通り①細かい音が聞こえるかどうか、②デザインがかわいいかどうか、③予算内かどうか、ってだけなのですが、これらを詳しく解説していきたいと思います。

f:id:HYLE:20190605140240j:plain

 

 

 

1,細かい音が聞こえるかどうか

f:id:HYLE:20190508152744j:plain

モニターヘッドホンを選ぶ上で一番重要なのが、超高域の空気感とかスーパーローとかの細かい音が聞こえるかどうかです。音をちゃんとモニターするには、

 

・モニタースピーカー

・モニターヘッドホン

 

両方で確認していく作業がありますが、基本的にモニタースピーカーでほとんどの作業はできるんだけど細かい音の確認はモニターヘッドホンでしかできないんですよね。

 

イヤホンやヘッドホンの値段はピンからキリまでありますが、あまりに安すぎるイヤホンやヘッドホンって、細かい音が聞こえないんです。普通にこれは大問題。実際に安いものと高いものを聴き比べなければわからないので、ビックカメラとかヨドバシとかの家電量販店などで聴き比べるとよろしいかと。

 

数百円から2〜3000円の範囲のものは細かい音が聞き取りにくいです。4000円超えてくると細かい音も聞き取りやすいイメージです。

 

実際に家電量販店で聴き比べる方法

f:id:HYLE:20190605142122j:plain



ちなみに、聴き比べるときは激しいロックとか音が潰れすぎてて細かい音もクソもないような曲で聴き比べるのではなく、ちゃんと細かい音が入っている曲で聴き比べるのがおすすめ。

 

私の場合は自分のデモ曲でやっちゃってるんですが…まあこれは自力で見つけるしかないので、まずは

 

①家電量販店で高いヘッドホンでいろんな曲を聴く(おすすめはSONYの900ST)

②めちゃくちゃ安いヘッドホンやイヤホンで、①と同じ曲を聴く

③安いものにしたら細かい音が聞こえなくなった曲を、ヘッドホン聴き比べ専用の曲にする

 

て感じです。まあ、①の高いヘッドホンはスタジオに標準搭載されてるSonyの900STでいいと思います。

 

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

 

 というかヘッドホンにあまりこだわらない人は900ST買っとけばいいと思います。安いし。

 

ヘッドホン聴き比べ専用の曲が見つかったら、あとは自分が好みのデザインのものや好きな音をするものから選べばいいと思います。

 

モニターヘッドホンは余計な味付けが無いものを選ぶべきかどうか問題

基本的に、モニターヘッドホンはフラットさ(余計な味付けが無い)ことが大事と言われています。

でも、私は「細かい音が聴くことができる」能力さえあれば、あとは自分で好き勝手に選んじゃっていいと思います。

 

冒頭のTwitterにも書いてあるんですが、大事なのはモニターヘッドホンのフラットさよりも、リファレンス(参考音源)と聴き比べる行為だと思うんですよ。

 

自分のミックスに自信大アリで他と聴き比べる必要は無い!という方は別ですが、近づきたいミックスがあるなら、ヘッドホンのフラットさどうのこうのよりもリファレンスと聴き比べてここがだめ、あそこがだめ、って気付くことなんじゃないかと。

 

私の場合はモニタースピーカー使うし、モニタースピーカーがまともなら、モニターヘッドホンまでフラットさにこだわる必要は無いんじゃないかなーと思います。

 

あと、私はドンシャリサウンドが大好きなのですが、やっぱり作業中もドンシャリ聴いて気持ちよくなることは大事かと笑

 

 

作業中に気持ち良いと思えるのヘッドホンは悪!ていう人いるけど、ちゃんと

・モニタースピーカー使う
・リファレンスと聞き比べて落ち込む時間を取れる
・PC、スマホ、ラジカセなど劣悪な機器でモニターする

なら問題無いと思う
作業中はできるだけ楽しい時間が長い方が良い好きなヘッドホンは正義

 

モニタースピーカーでの確認はもちろん、PCやスマホ、ラジカセ等の劣悪な機器でちゃんとモニターするならそこまでモニターヘッドホンの音のフラットさにこだわる必要は無いかと思います。

 

2,デザインがかわいいかどうか

f:id:HYLE:20190605141134j:plain

デザインは大事です(切実)

 

先ほど紹介したSonyの900ST、スタジオで使われてるものなんで普通に使えるっちゃ使えるんですよ。でも、私的にデザインがわりと許せなくて。道具のデザインは大事です。やる気を左右します。科学的にやる気は存在しないらしいけど。

 

まあ、デザインによってつけ心地も変わってきますよね。当然。

 

900ST、死ぬほどスタジオで使ったことあるけど、歌入れしてるときずり落ちてこないか心配になるんですよね…。なんか気持ち悪い。

私はがっつりフィットしてくれるものの方が好きです。

 

今私が使ってるBeatsは900STよりは良いんですけど側圧が激しすぎるので次買うときはもうちょい側圧が緩めのにしようと反省しております。

でもかわいいし音が大好きだから許す。

※ちなみにこれはDJ用で音もクセが強いので他人にはおすすめしません。

 

3,予算内かどうか

f:id:HYLE:20190517133746j:plain

予算内かどうかは大事です。たまに6万〜10万円のバカ高いヘッドホンも売られてますが、正直1万円前後のものと比べても、多くの人にとっては聴き分けられないのではないかと思います…。

 

私も色々聴き比べてみたんですが、正直そこまで大きな差は感じられませんでした。無理して高いモニターヘッドホンを買ってもあまり意味が無いと思います。

 

繰り返しになりますが、モニターヘッドホンよりもリファレンスと比べる行為のほうが大事だと思うので…。

 

まとめ

ということでモニターヘッドホンのおすすめの選び方で大事な3つのポイントでした。とりあえずよくわからんからおすすめだけ教えて欲しい!という人は、繰り返しになりますがSonyの900ST一択です。スタジオで使われてるものかつリーズナブルなので。 

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

 

 

でも、私のようにこやつのデザインが許せなかったり、みんなとかぶりたくない!とか、もっとこだわって探したい!という方はぜひ参考にしてみてください。