HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

【DTM】ミックスが上手くなるスペアナ(スペクトラムアナライザー)の使い方3選

今回はスペクトラムアナライザー、通称スペアナの使い方を紹介します。 

 

スペクトラムアナライザーは目で楽器や楽曲全体の周波数を確認することができます。耳だけでミックスするよりも、アナライザーを使った方がより音の棲み分けが簡単になるので、ミックスが上手くなりたい人はアナライザーを使うのおすすめです。

 

f:id:HYLE:20190604113925j:plain

 

 

スペクトラムアナライザーとは?

まず、スペクトラムアナライザー自体そもそもようわからん、という人もいるかと思うので簡単に説明します。

 

というか見ればわかります、これです(雑な紹介)

f:id:HYLE:20190604120452p:plain

Cubaseユーザーの方はわかるかと思いますが、トラックを開くと出てくるあれです。周波数の分布を目で簡単に確認することができます。

 

では、実際にこのスペアナをどうやって使えばミックスが上手くなるのかを解説していきたいと思います。

 

 

1,リファレンス(参考音源)を読み込んで視覚的に波形を確認する

f:id:HYLE:20190509182724j:plain

 

まず一番最初にやることは、リファレンス(参考音源)の読み込みです。

 

すでに自分のミックスは天才だ!何も勉強することはない!という人以外は参考にする音源、目指したい音源を決めて、ちゃんとDAWに読み込んでスペアナで周波数の分布を確認したほうがいいです。

 

ジャンルによって波形は違ってくるので、何曲か自分が作りたいジャンルの曲を読み込んで確認し、共通点を見つけておくのがおすすめ。 

 

目指しているスペクトラムの形がなんとなくわかっていれば、自分がミックスしてるときにどこをどうすればいいのかわかるので作業しやすいです。

 

2,リファレンス(参考音源)と自分の曲と見比べる

実際に、リファレンスと自分の曲のスペクトラムを見比べることもおすすめ。自分の曲には何が足りないのか、どこが出すぎちゃってるのかリファレンスと見比べれば一目瞭然。

 

ただし、普通にスペクトラム同士を見比べるのはちょっと面倒なので、リファレンス用のプラグインとかも使うと便利です。

 

私はMetricABという聴き比べ専門のプラグインを使っているのですがこれがめちゃくちゃ良いです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/H/HYLE/20190310/20190310064608.png

青が自曲のスペクトラム、オレンジがリファレンスのスペクトラムです。重ねて表示したり並べて表示できるので、自分のミックスのダメさが一発でわかります。

 

3,個別トラックに挿してEQ処理の作業する

スペクトラムで曲全体のバランスを見る作業も大事ですが、個別トラックに挿してEQ処理することも大事です。

 

 

スペクトラムアナライザー(スペアナ)で楽曲全体のバランス見るのも大事だけど個別トラックに挿して作業するのも大事

例えば、ピアノとボーカルが被っててボーカルのためにスペース空けたい時、ボーカルにスペアナ挿して目で見ながらピアノのEQをいじるのおすすめ
見ながらやらないと適当になりがち

 

Twitterにも書いたんですが、例えば際立たせたいトラックに挿して、目で周波数の分布を確認しながら他のトラックのEQを削るのがおすすめです。ちゃんと目で確認しながらやらないと、適当な甘い処理になりがちです。

 

 

 

Cubase、各トラック標準でスペアナついてるけど自分にとって見やすいスペアナ挿したほうが作業しやすいと思う

Cubaseのこの標準スペアナ、他のウインドウ触ると後ろに行っちゃうのが面倒なんだよね…設定でなんとかできるのかな?

とりあえずこのままより別でスペアナ挿しといたほうが作業は楽です

 

Cubaseの場合は、トラックをクリックするとすぐにスペアナが出てくるのですぐ確認できて楽なんですが、他のウインドウを触ると後ろにいってしまって「スペアナを目で見ながら作業」することがちょっと面倒です。なので、デフォルトのスペアナに頼りすぎるのではなく、ちゃんとプラグインを挿したほうが作業はやりやすいです。

 

まとめ

f:id:HYLE:20190508152637j:plain



ということで、スペアナの使い方をまとめてみました。

まだ一度もスペアナをまともに使ったことがない!という人はある意味かなりラッキーです。伸びしろはんぱないです。

 

スペアナ使いだしたらかなりミックス上達すると思いますのでぜひ活用してみてください。