HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

【DTM/音作り】MIDI打ち込みアコースティックギターの音作りを5ステップで解説【アコギは余裕】

今回はMIDI打ち込みのギター音の作り方について解説していこうかなと思います。

DTMでは、アコースティックギターの音作りはわりと余裕な方だと考えております。

 

 

ギターの音、エレキは打ち込みで作るの難しいと思うけどアコースティックは充分MIDIでいけると思う派💡

わりとアコギのMIDI打ち込み音好きでよく活用してます

アルペジオもピックでコード弾く音も、人間の弾き方真似して打ち込めばそれなりにいい感じに聴こえる気がする

リバーブがキモだと思う

 

結論から言うと、アコギ音はリバーブがキモです。

エレキギターは今のとこ私も難しいと感じており試行錯誤中なのですが、アコースティックギターならリバーブのかけかたに気をつければアルペジオもジャカジャカしたピック弾き(ストローク)も、どちらもわりと簡単に人間が弾く音に近づけるかと思います。 

 

f:id:HYLE:20190602214037j:plain

 

 

 

 

 参考音源

一応こちらの音源が、アルペジオとストロークどちらも入ってるのでわかりやすいかと思います。

www.youtube.com

ギターの音は全てMIDIの打ち込みです。このような音にするにはどうしたらいいのか解説していきます。

 

①ギター音を選ぶ

f:id:HYLE:20190508205652j:plain

 

まずは音の選び方から。

ギター音は、特別な音源とかは用意しなくても十分かと思います。私は普通にCubase内蔵のHALion Sonic SEに入っている何の変哲もないアコースティックギター音を選んで作業しております。特に高いお金出して外部音源買わなくてOK。

 

②EQ処理:ローを削ってミドルを出す

お次はEQ処理。

 

100〜200Hz以下の余計なロー(低域)をばっさり削っていきます。アコースティックギターの音は、ミドルを際立たせれば際立たせるほど本物に近づくと思っています。

 

ただ、ボーカルがある場合はボーカルとの兼ね合いもあるので、ブーストしすぎるとボーカルが埋もれてしまうので、歌ものの場合は基本はローカットだけでいいと思います。

f:id:HYLE:20190602210725p:plain

↑は歌とかぶらないようわりと思い切ってローカットしちゃってます。

 

歌ものでない場合はミドルをブーストしてもいいかもです。ちなみに、アコースティックギターだけでなく、チェロの音とかもミドルを際立たせると本物に近づきます。

 

 

③リバーブを深めにかける

f:id:HYLE:20190602214402j:plain

冒頭でも書きましたが、打ち込みアコースティックギター音を作る上で一番大切だなと思っているのがリバーブです。リバーブが薄いといわゆる「チープ」な音になります。

 

ギターはとにかくリバーブを深めにかけることで打ち込みっぽさが薄まります。思い切ってかけていきましょう。ただ、②のEQ処理を怠ると低音が溜まってもっさりしてしまうので、リバーブを深めにかけることとローカットは必ず同時にしましょう。

 

④実際の打ち込み方

f:id:HYLE:20190515123132j:plain

実際の打ち込み方の解説をしていきます。

 

1,アルペジオの場合

アルペジオの場合はもうそのまま普通に打ち込んでなにも問題ありません。アルペジオの場合は、和音だけ打ち込んでアルペジエーターかけるのでも余裕です笑

文明の利器は利用していきましょう。アルペジエーターまじ楽だよ。

 

2,ストロークの場合

ストローク、いわゆるジャカジャカしたギター音ですが、少しコツがいります。

そのまま和音を打ち込んでも「ジャーン」っとなってしまって全くギターらしくないので、弦のノイズの「チャッ」という音を間に入れる必要があります。

 

弦のノイズは、

 

・ノート(音符)をかなり短く作る

・音量を小さくする

 

ことで本物っぽくなります。

実際の打ち込み画面はこの通り。

f:id:HYLE:20190602211629p:plain

青いノートがノイズの役割です。

コードとコードの間に入れることでジャカジャカ感を出してます。

ちなみのこの打ち込み方は、ベースのゴーストにも使えます。

 

⑤さらにチープさ(打ち込みっぽさ)を軽減させるプラグイン2つ

基本的に上記の方法をやれば本物に近づけさせることができますが、さらに本物っぽい音にしたい場合は、以下の方法を試してみてください。

 

1,ディレイをかける

ギターの打ち込みっぽさはノートとノートの間(音符と音符の間)がぶつ切りになって聞こえてしまうことです。リバーブだけでも本物っぽく聞こえますが、ディレイも合わせて使うことでよりごまかしがきくようになります笑

 

 

2,ビンテージ系プラグインを使う

打ち込みっぽさは、音が綺麗すぎることも大きな原因の一つです。歪ませる必要はありませんが、ビンテージ系プラグインで温かみをプラスさせる程度で生のアコースティックギターらしい音に近づきます。

 

私はWaves Goldの中に入っているV-EQ4を使っています

 が、同じことができるならなんでもいいんじゃないかと。「リッチなサウンドにします」的な謳い文句が書いてあるプラグインなら基本大丈夫だと思います。

 

まとめ

ということで、一通り解説してみました。アコースティックギターの音作りで困っている方はぜひ試してみてはいかがでしょう。