HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

【動画撮影】設定だけ!ミラーレスカメラでも背景をぼかして撮影する方法とおすすめカメラ【超初心者向け】

今回は、ミラーレスカメラでも背景をぼかして動画撮影する方法をご紹介します。「背景をぼかした撮影=一眼レフ」というイメージですが、ミラーレスカメラでもある程度ぼかすことは可能です。

 

手元にミラーレスカメラしかない!お金がなくて一眼レフが買えない!一眼レフはデカすぎて嫌だ!という方はぜひこの方法を試してみてくだされ。

 

 

ミラーレスカメラでも背景をボカした動画撮影は可能

f:id:HYLE:20190527140638j:plain

「背景をボカすなら一眼レフ」というのが常識ですが、実はミラーレスカメラでも設定だけで背景をボカした動画撮影をすることは十分に可能です。

 

私も長年「ミラーレスカメラで背景ボケは作れない」と勘違いしてたんですが、実はカメラ側の簡単な設定でボケ動画は撮影できます。しかも、オートフォーカス機能を保ったまま。

 

私自身カメラ初心者で、詳しい用語とかもわからんしそもそも一眼レフとミラーレスの違いすらよくわかってないですが、(ミラーレスカメラは一眼レフより安い、小さい、くらいの違いしかわからん笑)

 

今回は、「ここだけ抑えとけばミラーレスカメラでも背景をボカした動画撮影ができる!」という方法を簡潔に解説したいと思います。

 

実際のミラーレスカメラの設定

f:id:HYLE:20190527144542j:plain



まずは、かんたんな手順を書きますね。ミラーレスカメラの動画撮影で背景をぼかすためには、以下の設定をします。

 

1,オートフォーカス動画撮影モードにする

2,F値(絞り)を一番小さくする

3,ISOで明るさを調節する

 

 

まずは普通に、一番簡単なオートフォーカスで動画撮影するモードを選びましょう。それからF値(絞り)とISOを設定していきます。

 

F値は小さければ小さいほど背景がボケやすいそうなので、問答無用で一番小さくします。あとは、ISOで明るさを自分好みに調節して撮影すればOKです。

 

実際の動画の撮影例

実際にこの方法で撮影したら、ミラーレスカメラでもこのようなボケ具合の動画が撮れました。

www.youtube.com

背景はもちろん、手前の余計なモノ(マイクスタンドの腕部分)もちゃんとボケてくれてます。

 

www.youtube.com

ちゃんと顔面には焦点当たって、首からしたはややボケてくれてます。

 

 

www.youtube.com

自分で言うのもなんですが、十分なボケ具合かなと思っております。

 

より大きく動画の背景をボケさせるコツ

基本的に、背景をボケさせるためには、最初に解説した

1,オートフォーカス動画撮影モードにする

2,F値(絞り)を一番小さくする

3,ISOで明るさを調節する

 

このやり方で十分ボケさせることは可能かと思いますが、よりもっとボケを大きくしたい!やりすぎたい!という場合は

 

・被写体にできるだけ近づく

・背景をできるだけ遠くにする

 

という方法がおすすめです。被写体と背景の距離は大きければ大きいほどボケやすいです。実は、スマホの撮影とかでもこの方法は結構有効らしいです。

 

もちろん一眼レフやミラーレスのボケには及ばないですが、やってみたい方はぜひおためしあれ。

 

おすすめのミラーレスカメラ

んでは具体的におすすめのミラーレスカメラを解説していきます。基本的に私はカメラ初心者民なので、超初心者の方向けのおすすめカメラになります。

 

ちなみに紹介するカメラは、私がCanonしか使ったことないのでCanonのみになります笑

 

SonyとかNikonとかPentaxのことは何もわからないです紹介できずすいません。

 

①Canon EOS M3

実際私が使っているカメラはこちらのCanon EOS M3(15-45 / 22キット)というミラーレスカメラです。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ボディ(ホワイト) EOSM3WH-BODY

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M3 ボディ(ホワイト) EOSM3WH-BODY

 

 

 実際、↑で紹介したYouTubeの動画もこのミラーレスカメラで撮影しております。

 

このカメラ、口コミとかレビューで、「動画のオートフォーカスが遅いからだめだ!」みたいに言われてたりします。

 

たしかに、たまに撮影中にオートフォーカスが追いついてなくて「全体がボケてもーた」と思う時もありますが、10回中2回くらい?なので私はそんなに気になりません。

 

ボケたらボケたで活かせばいっか、撮り直せばいいか、と思ってしまうので…。

私自身はそこまでストレスは感じてません。

 

↑の動画見て特に気にならなかったら大丈夫なんじゃないでしょうか。

 

②Canon EOS M6

M3は結構昔の機種なので、新品で購入するなら今は後発のM6がよろしいのではないかと。

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M6 ボディー(シルバー) EOSM6SL-BODY

Canon ミラーレス一眼カメラ EOS M6 ボディー(シルバー) EOSM6SL-BODY

 

ただ、M6だとホワイトがないんですよね。白がいい人とか安く購入したい人はM3を中古で買えばいいかと思います。

 

ちなみに、こちらのカメラはCanonのスマホアプリとBluetooth接続とかできるらしくリモコンが使えたりスマホでモニタリングしながら使えるとのことでかなり便利そう。

 

③Canon EOS Kiss M

あと、少し高くなるけど、最近出たEOS Kiss MはCanonの公式サイトで良いボケが作れる!と推されていました。

実際、YouTubeでこちらのカメラを使って撮影した動画を見ましたが、ちゃんとボケてたので大丈夫かと。こちらもBluetooth接続でスマホアプリ使用可。

 

おまけ:EOS M3を使ったボケ動画撮影のための設定方法

おまけとして、実際EOS M3でどうやって設定するかを解説していきます。

 

1,動画撮影マークを選ぶ

f:id:HYLE:20190527145326j:plain

まずは、最もスタンダードな動画撮影マークを選びます。普通に選べば最初からオートフォーカスモードになってるかと思います。

 

2,「ISO」を押してISOとF値(絞り)を設定する

f:id:HYLE:20190527145352j:plain

上の画像の通り、「ISO」と書かれているボタンを押して、ISOを設定します。もう一度押すとF値(絞り)を設定することができます。

f:id:HYLE:20190527145418j:plain

ISOとF値を設定するときは、ホイールをぐるぐる回して設定します。一番最初にも解説しましたが、F値は最小にします。EOS M3の場合は2が最小なので、2まで下げます。

 

F値を下げると画面がずいぶん明るくなるかと思うので、あとはISOで明るさを調節していきます。

 

まとめ

f:id:HYLE:20190527151255j:plain

ということで、ミラーレスカメラで背景ボケ動画を撮影する方法はこんな感じで終わります。

 

すごいですよね、私はずっとミラーレスカメラではボケ動画を作れないと長いこと勘違いしてたのですが、カメラの設定をちょちょいとやれば、ある程度のボケを作れるなんてびっくりです。

 

一眼レフってやっぱり高しい大きいし重いしレンズもアホみたいに高いし導入するのは結構大変です。

 

ボケ動画を撮りたいのであれば、一眼レフカメラ導入前にまずはミラーレスカメラで気軽に試してみることをおすすめします。