HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

【YouTube/凡人向け】毎日投稿しなくてもチャンネル登録者1000人以上が可能な理由と具体的な方法

引き続きYouTubeチャンネル運営ネタを書きますね。

 

 

よくYouTubeは毎日更新が必要って言う人いるけど、毎日更新しても差別化がしっかりできてて高クオリティの動画出せる人はもちろんすればいいよ

クオリティ落として他人と同じような動画になるなら毎日上げるのはデメリットでしかない

ゴミを毎日量産して一向に登録者増えない人はゴロゴロいる 

 

っとTwitterに書いたんですが、こちらを詳しく解説していきます。

 

 

 

YouTubeの毎日投稿は必要ない

f:id:HYLE:20190523201441j:plain


まず、私自身は現在カバー曲を中心とした音楽チャンネルを運営しており、チャンネル登録者1000人を超えていますが、毎日投稿はしておりません。

 

一時期音楽以外の動画を作って更新頻度を上げたこともありますが、特にメリットはありませんでした。

 

再生回数がよかった動画は少しだけ残していますが、多くは再生回数も回らず、登録者の離脱率が増えたため、再び音楽だけのチャンネルに戻しました。

 

1つのチャンネルに求められているのはほぼ1ジャンル

f:id:HYLE:20190523201352j:plain

基本的に、1つのYouTubeチャンネルに求められているのは、ほぼ1つのジャンルです。

私に求められているのは音楽だけだなと再確認し、関係のない動画は投稿しないようにしたら、チャンネル登録者の離脱率が減りました。

 

私自身も、自分が作った音楽を聴いてほしいだけであり、仮に音楽を聴いてもらうためにその他のジャンルの動画を投稿してチャンネル登録者数が増えても、結局音楽を聴いてもらえるようにはなりません。

 

例えば、メイクやファッション、ハウツー系の動画でチャンネル登録者数を多数抱えているYouTuberも、自身が作曲した曲の動画は特に再生されていません。

 

レペゼン地球とかは本当に凄いと思いますが、多くの喋り系YouTuberの音楽はほとんど求められていないんですよね。

 

ハウツー系の動画でチャンネル登録者数を増やしたならハウツー系の動画しか求められていません。

 

エンタメ系の動画でチャンネル登録者数を増やしたならエンタメ系の動画しか求められていません。

 

私の例だと、自分の音楽を広めたいのであれば、自分の音楽を作るしかないんです。

 

凡人にとっては毎日更新はむしろデメリット

f:id:HYLE:20190521224510j:plain


むしろ、私は毎日投稿は危険だと思います。

 

多くの人は能力がそんな高くないはずなので、毎日更新しても差別化がしっかりできてて高クオリティの動画出せる人はごく少数だと思います。

 

めちゃくちゃ喋りが面白い人の人口ってそもそも少ないですよね。

 

面白くない人がいくら毎日投稿しても、面白い動画にはなりません。

 

凡人YouTuberはクオリティを高めろ

f:id:HYLE:20190523201635j:plain

凡人が動画を面白くするにはクオリティを高めるしかありません。

 

そして、たいてい時間をかければ凡人でもクオリティを上げることができます。

 

例えば、

・ハウツー系の人は、よりほかのYouTuberより詳しくわかりやすく解説するために、イラストやアニメを使って解説する

・エンタメ系の人は、カット編集を増やしたり字幕を付ける

・メイク系の人は、色がはっきりわかるようにいいカメラで撮影する

 

 

 といったように、できることはいくらでも上げられます。要は、雑な投稿はするな

ということです。

 

私の場合、映像は結構適当なんですが、音質に関してはちゃんと差別化できるレベルでクオリティを上げてます。

 

具体的に書くと、ちゃんと全てトラック作りもレコーディングもして、CD音質のものにしてます。

 

もちろん、毎日更新しても他のYouTuberとしっかり差別化ができて、高クオリティの動画出せるという自信のある人はどんどん毎日投稿すればいいと思います。

でも、多くの方はそうではありません。

 

毎日投稿してもチャンネル登録者数が増えないのは何かが間違っている

f:id:HYLE:20190523201806j:plain

毎日投稿してもチャンネル登録者が全然増えないという方は、そもそも何かが間違っています。

 

そのまま続けたらチャンネル登録者数が増えるということはほぼありません。

 

YouTubeしかりブログのアクセスしかり、最も大切なのは「他との違い」だと思っています。

他のYouTuberを雑にパクったところで再生回数やチャンネル登録者数が増えるほど世の中甘くありません。

 

 

クオリティと差別化を大切に

f:id:HYLE:20190523201536j:plain

「雑に作っててもあの人は数字持っているじゃないか!」と思う方もかもしれませんが、実はよくよく見てるとしっかりブランディングできている場合がほとんどです。

 

逆に、いくらチャンネル登録者数を一時的に稼いだ人でも、他との差別化を怠った人間の再生回数はどんどん減っていって後発組に追い抜かれまくっています。

 

パクるなら徹底的に(クオリティを高める)

あなたである理由の動画を作る(差別化する)

 

 のが大切なんじゃないかなあと思うわけです。

 

トライアンドエラーの回数を増やす意味では毎日投稿はメリットがある

f:id:HYLE:20190523201925j:plain

しかし、私がこの考えに行き着くまでに、結構時間がかかりました。

 

やっぱりトライアンドエラーしないと見えてこない世界がありまして、まずは毎日投稿してたくさん失敗してたくさんいろんなことに気付いて絶望してどんどん改善していく、っていうのも大切かと思います。

 

毎日投稿は必要無いんだ、という言葉だけを鵜呑みにして頭も手も使わず結局雑な動画を作っていては数字は上がっていきません。

 

まずは少しずつ試してみるのが何事も大切なんじゃないかなと思います。