HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

上位6%の人間が語るYouTubeチャンネル登録者数1000人の壁をぶち破る方法

現在私のYouTubeチャンネルの登録者数は1800人台でして、知り合いにチャンネル登録者数ウン万人とかいうYouTuberがいるので自分はしょぼすぎると思っているんですが…

 私のような底辺YouTuberでも上位6%らしいので私からチャンネル登録者数1000人をぶち破る方法でも書いてみようかなと。

 

 

YouTube、知り合いに登録者ウン万人とかいるから自分しょぼすぎて参考にならんだろな、て思ってたけど私のような底辺YouTuberでも上位6%くらいらしいので私からコツを伝授すると、地味な努力とPDCA回すのが大事なんじゃないかなと

あとジャンル絞るの大事だけどそこで他人と同じことをしないの大事

 

 Twitterではかなり完結に書いたんですけど、ちょっと詳しく解説してみますね。

 

 

 

1,好きなYouTuberの動画を見まくる

f:id:HYLE:20190521224345j:plain

まずは好きなYouTuberの動画を見まくりましょう。著作権侵害してるテレビの動画とか有名アーティストのPVとかじゃなくて、YouTuberの動画を見ましょう。

 

テレビとかメジャーアーティストの動画はそもそも関わっている人も金も多すぎて強すぎて参考にならないことがほとんどです。

 

YouTuberはYouTuberを参考にしましょう。

 

大量にYouTuberの動画を見ていると、再生回数やチャンネル登録者が増える法則っぽいのがだんだんわかってきます。

 

2,ジャンル問わず再生回数とチャンネル登録者数の多いYouTuberの動画を見まくる

f:id:HYLE:20190521224427j:plain

自分のジャンルと違うから、と食わず嫌いせず、数字を持ってるYouTuberの動画は一応目を通しておきましょう。どういう動画がYouTubeでウケるのか、なんとなくトレンドをつかめます。

 

とにかく数字を持ってるYouTuberの動画を見まくることで、自分の中の審美眼を育てます。

 

2,競合YouTuberの動画を見まくる

f:id:HYLE:20190521224510j:plain

最後に、競合YouTuberの動画を見まくります。ここは自分のジャンルと同じもので、再生数は多いものから少ないものまで関係なく見ます。サムネだけ見るのでも問題ありません。

 

んで、ここでコンサルの立場でたくさんの動画を分析します。

 

1,2で数字を持ってるYouTuberの動画を見ることで審美眼を育てた後なら、再生回数が少ない動画のサムネや動画を見ただけで、「なぜこの動画の再生回数は上がらないのか?」ということが説明できるかと思います。

 

そうすると、自分の動画も、「なぜこの動画の再生回数は上がらないのか?」がわかってくるんですよね。

 

ここまで気付けたら正直、もう下は読まなくていいかも笑

 

3,人と違うことをする

f:id:HYLE:20190508151813j:plain

個人的に、YouTubeで一番大事なのは人と違うことをすることかな、と思ってます。検索で1〜3位取れないと正直再生回数もチャンネル登録者数も増やすのは厳しいと思います。検索で1位〜3位を取るって、他人と同じことしてたら絶対に無理なんですよ。

 

例えば、売れてるアーティストのPVがすでにYouTubeにある状態なら、アコースティックカバーとか出してる人は死ぬほどいるので、適当に弾き語り動画を出したところで再生されません。

 

私の場合は、カバー動画だけど1からエレクトロなトラックを作ってわざわざレコーディングしてます。ま、正直差別化としては弱いと思うんですけど、それでも雑な弾き語り動画と違って差別化できているのでそれなりに数字に反映されてます。

 

4,サムネ、大事

f:id:HYLE:20190521224917j:plain

再生回数って結局、中身じゃないんですよね。中身が評価されるのは、1クリックされた後。中身のクオリティを高めることはもちろんだけど、1クリックさせる=サムネに気合を入れるってのがとても大事かと思います。

 

再生回数=企画力×サムネのクオリティ

チャンネル登録者数=中身のクオリティ

 

と考えるとわかりやすいかな。

私はYouTubeの文字デカクソダササムネがすごく嫌いでずっとサムネ作りはテキトーだったんですが、最近サムネに力を入れだしてからあからさまに再生回数が増えました。残酷。

 

5,ひたすらPDCAを回す

f:id:HYLE:20190521225802j:plain

あとはひたすら行動→振り返って改善、を繰り返します。正直、同じクオリティのものを出し続けてチャンネル登録者数が増えないのであれば、それは運営方法が間違っています。

 

厳しいですが、ゴミを量産しつづけても報われることはありません。

少しでも、どこを変えればもっとよくなるか?を日々考えて努力していきましょう。

 

まとめ

ということでやることはたくさんありますが、1000人の壁をなかなか突破できず悩んでいる方はぜひ試してみてください。