【比較】Wavs Goldどのプラグインから使うのがおすすめか?ランキング(5位まで)

バンドル製品を購入すると、一気に沢山プラグインが増えることになるのでどのプラグインから使っていいか迷ってしまいますよね。

私もWaves Goldを導入した直後、嬉しみと同時に突然のプラグインの増加に「じゃあどれから使えばええんや」と混乱。

 

いろいろ使ってみた現在、導入直後にはどんなプラグインを使うのがいいのかしらと考えてみたんですが、やっぱりシンプルで効果がわかりやすいものがいいかなと。

 

ということで、シンプルかつ効果がわかりやすいものという点に注目しておすすめのプラグインをランキング形式で選んでみました。

Waves Goldをこれからこれから導入する、もしくは導入した直後でどのプラグインから使うのかわからんという人の参考になれば幸いです。

 

1,Renaissance Compressor

f:id:HYLE:20190303234954p:plain

Goldには他にもいろんなコンプレッサーが入ってますが、Renaissance Compressorが一番シンプルでわかりやすくて良いんじゃないかなと思います。

 

他のコンプレッサーはちょっと独特すぎて扱うのが難しいかも。まずはRenaissance CompressorでWaves製品に慣れるのがいいんじゃないかと。

 

Cubaseの付属のコンプレッサーよりもナチュラルにコンプレッションされる印象。あとどんぐらい音が潰されてるか一目瞭然なので非常に使いやすいです。

 

ちなみにプラグイン一覧には「RCompressor」と表示されるので注意。

 

2,L1 UltraMaximizer

f:id:HYLE:20190420103020p:plain

レバーを下ろすだけで超簡単に音圧を上げられます笑

がしかし普通のリミッターでもある程度音圧を上げられますよね。L1 UltraMaximizerのいいところは、ディザーっていう機能がついているところです。

 

最終的に32bitや24bitで作成したデータを16bitに変換する際、普通に書き出すと音質が激烈に劣化します。そこで、わざとノイズを入れて音質を劣化しないようにする作業のことをディザリングというのですが、

普通はディザーのプラグインをわざわざ挿さなければディザリングの効果は得られないのですが、L1 UltraMaximizerにはリミッターの横にディザーが付いてるのでとても楽にディザリング効果を得られます。作業を効率化できること間違いなし。

ちなみにこれもDAWのプラグイン一覧には「L1+UltraMaximizer」とかちょっと表記が変わるので注意。

 

3,Q10 Equalizer

f:id:HYLE:20190326195009p:plain

めちゃくちゃシンプルで一番使いやすいイコライザ。10バンドとわりと細かく設定できるし、何よりフィルターの種類を目で確認しながら使えるのがほんと便利。デザインが一新されてまじで使いやすくなった。

 

4,V-EQ4

f:id:HYLE:20190420103243p:plain

ヴィンテージ系プラグイン。速攻で音を良くしたい!という方におすすめ。

挿してプリセット選べば一瞬で良い感じの音になる笑

私はボーカル、キック、ベースには必ず挿してます。うまく表現できないんですけど、とにかく高そうな感じの音になるんですよね…絶対挿すと書いておきながらもたまに挿し忘れたりしまして、そのときの音源を後から聴くとめっちゃチープな音に聞こえます。

 

5,Doubler

f:id:HYLE:20190420103326p:plain

ダブル効果はいろんな手法で得ることができますが、よくわからん人はこのプラグイン挿しとけば簡単に得られるのでとてもおすすめ。画面も見やすいし音作りしやすい。Cubase付属のコーラスのプラグインとかより音が良い気がします。トラック数を増やさずに4つまで声を増やせるので厚みのある音を低負荷で作りたいときに重宝します。

 

ということでWaves Goldをこれから導入する、もしくは導入した直後だよ!って人は参考にしてみてください。