HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

エフェクター挿したら定位がズレる問題の解決法

今日も黙々とメーターを見ながらCubaseで作業してたんですが、なぜか定位がずれている。ずらした覚えた無いのにずれている。なぜ。と思っていろいろいじってみたら超初歩的なミスをしていて解決したのでメモ。

 

トラックとエフェクターの「ステレオ」「モノラル」は合わせる

WAVESのコンプレッサーとかリバーブとかのエフェクターって、間違えてステレオトラックにモノラルのエフェクター挿すと左右どちらかしかエフェクターがかからないんですね。

例えば、シンセのトラックにモノラルのコンプレッサーをかけると、左側しか音が潰されなくて左右の音量に差が出てしまう、みたいな感じになります。

 

ベーストラックは要注意

ベースってモノラルでレコーディングするじゃないですか?

生音のベースならモノラルのエフェクターで問題無いんですが、Massiveとかシンセサイザー使ってベース打ち込んだ際はステレオトラックになるのでいくらベーストラックでも挿すエフェクターはステレオじゃないとだめなんですねえ…反省。

Cubase付属のエフェクターはステレオ/モノラルと特に分かれてないのでインサートすれば自動で良い感じにエフェクトがかかりましたが、WAVESはちゃんと理解して使わないと思わぬミスをしてしまいますな。

 

FXチャンネルのエフェクターも要注意

FXチャンネルのエフェクターも要注意。ここにモノラルのエフェクターを挿すと、センドで送った音全部に左右どっちかだけエフェクトがかかるという残念なミスを犯してしまいます。

エフェクターに「Mono/Stereo」とか「Mono」ついてるものを挿すと定位がずれる可能性大なので「Stereo」が付いてるエフェクターにしましょう。

f:id:HYLE:20190307203108p:plain

 

※「Mono/Stereo」でもちゃんと設定したりすれば良いんだろうけどよくわからんのでStereoのやつ挿しとけばいいと思う。