HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

【DTM/初心者】マスタートラックにリミッター忘れずに〜

久々に初心者向けの記事でも。

 

私がDTMスーパー初心者だったころ、エンジニアさんに

「ついつい作業してると音盛りすぎて歪んじゃうんですよね〜」

とぽろっと話したところ、

「基本的にマスタートラックにはリミッターをかけるんだよ」

と教えていただきました。

 

多分ひとりぼっちで黙々と作業している初心者DTMerの方は割と気付かないことかと思います。私も人に言われて始めて知りました。

 

マスタートラックにはリミッターを忘れずに

リミッターは簡単に説明すると、音を「これ以上大きくしないよ」的なプラグインであります。

これをマスタートラックに挿しておくことで、基本的に歪みすぎてやべーみたいな音にはなりません。

 

ただしリミッターに頼りすぎないように

でも、リミッターを挿してるからといってリミッターに頼りすぎるミックスはしないほうが無難です。

リミッターとかマキシマイザーに頼って音圧を上げても音が単にでかくなっただけでダイナミクスが感じられないとかディスられる原因になります。

なので、ミックスするときは「EQ」とか「左右の音の配置」とか、基本的なことは疎かにしないよう注意しましょうね。

 

マスタートラックとは

ちなみにマスタートラックは、Cubaseの場合は「Stereo Out」ってトラックです。マスタートラックの呼び方はDAWごとに違うかと思いますのでその他のDAWの方は各自ぐぐってください(丸投げ)あとリミッターの詳しいかけかたはここで説明するのめんどくさいんで各自ぐぐってください(全投げ)

 

久々にテンプレート使わずに作業していたらマスタートラックにリミッターをかけ忘れており思い出したので書いてみたよ。

 

※クオリティを重視して最終的にマスタリングまでの作業をする場合、マスタートラックにリミッターを挿していても、最終的にリミッターを取り除く→十分音を小さくしてから書き出し→マスタリング作業でマスタートラックにリミッターを挿す必要があります。

 

とはいえ初心者にとっては「???」だと思います。

 

初心者でもすぐ音源作りたいけど音割れしたくない!という場合は、今回説明したように、とりあえずマスタートラックにリミッター挿しとけば良いんじゃないかなと思います。