HYLEにっき

DTMのこと、創作のこと中心に書いております

3.11の話

数日過ぎ去ってしまいましたが、3.11の話題でも。

 

実は私、3.11の地震、体験していないのです。

当時海外に住んでいた父に会いに行っており、帰りの空港でテレビの前に人だかりが出来ているのを見て初めて地震を知りました。

ちょうど空港に向かうタクシーの中にいるときに地震起きたんだっけかな?

タクシーのおじさんが「日本、地震だいじょーぶか?」的な英語を話していたので、「ほほー日本は海外でも地震大国として有名なんだなあ」くらいにしか解釈してなくて、「だいじょーぶだいじょーぶ」みたいな会話をした。

からの、空港内に入ってテレビで地震を知った。

「ああ、タクシーのおじさんが言ってたのはこのことだったのか」と。

 

何よりショックだったのは、地震の場所。

東北は昔住んでいて、引っ越した時はギャン泣きするくらい好きだったのでそんな好きな土地が一瞬にして真っ黒い津波に飲まれる映像を見てショックを受けた。

 

そして、地震の影響で案の定飛行機は飛ばないわ、やっと日本に着いても電車が動いてないから家に帰れなくて大変だった。スーツケース有りの帰宅難民はまじで辛かったなあ。

 

 

関東でもかなり揺れたらしいといろんな人に聞いたけど、私は揺れを体験していない。テレビ見ただけでパニックになってたので、実際揺れを経験してたらどんだけショックだったんだろうと。想像を絶します。

 

ところで。

3.11の件に関しては、どうしても私の中で適切な言葉が見つからない。励まし、とか慰めの言葉が見つからない。

 

私は東北で生まれたわけじゃないけど、私の人生の記憶は東北からなので、どこか故郷っぽいイメージを持ってるんだよね。だからこう外側から「ご冥福をお祈りします」「1日も早い復興を願っています」「頑張って」みたいな言葉を言う気になれないんだよね。

でも、実際に自分が被災したわけでもないし、東京で揺れを経験したわけでもないし、知り合いが死んだわけでもないし。

なんて言っていいかわからなすぎて、すごく変な気持ちになる。

 

で、毎年変な気持ちになって、結局「当たり前の日常が、実は奇跡みたいなものなんだなあ」と思ったり思わなかったり。

毎日を丁寧に生きねばね、と。

 

毎年こんな感じのことを思い出したり思ったりしてます。

 

また東北行きたいな。