【DAWでトラック制作〜マスタリング】最初から最後の書き出しまでのワークフローまとめ

普通にiTunesとかSpotify、BeatPort等で配信する場合を想定したアルバムのトラック制作〜マスタリングのワークフローをまとめてみました。

 

マスタリングでは、専用のソフトを使うのではなく、DAW(私の場合はCubase)でのマスタリングになります。

今回、実際にアルバムをリリースするにあたりちょっとあやふやだった知識は改めて勉強し直し、自分で実際に試して音質がよくなった!と感じたやり方をご紹介します。

ちなみにスタンダードなファイルサイズ(44.1kHz/16bit)で配信する場合のワークフローです。

 

 

1,48kHz/24bitでプロジェクトを作成→レコーディング、ミックスする

 まずは普通にトラックを作っていきます。CD音源は44.1kHz/16bitですが最初から44.1kHz/16bitで作らないよう要注意。48kHz/24bitでプロジェクトを作成しましょう。

 

2,ヘッドルーム有りの2ミックスを書き出す

マスタリング前に、ヘッドルームが-6dB(ピークメーターが最大で-6dBという意味)くらいの2ミックス(48kHz/24bit)を用意する必要があります。

Cubaseでいうと一番わかりやすいとこにあるメーターのことですね。

f:id:HYLE:20190302144919p:plain

これは最大ピークが0になっちゃってますが…-6dBにしましょう。

ヘッドルームを作る際、マスタートラックのボリュームフェーダーで作らないよう要注意。音が悪くなります。

あと、マスタートラックにはリミッターなどのプラグインを何も挿さずに書き出した方がマスタリング後の音は良くなるのでできるだけマスタートラックには何も挿さない状態で。

48kHz/24bitのWAVで書き出しましょう。

 

3,48kHz/24bitの新しいプロジェクトを立ち上げ、2ミックスを読み込む

マスタリング用のプロジェクトを立ち上げましょう。Cubaseの場合、マスタリング用で44.1kHz/16bitのテンプレートがありますがこれは使いません。

 

アルバムのマスタリングの場合、1曲につき1トラックで読み込んでいきます。

 

3,読み込んだオーディオをノーマライズ処理する

音圧を上げるため、読み込んだオーディオをノーマライズ処理(0dBを超えないギリギリまで波形を大きくする)します。

 

4,マスタリング処理する

EQやエフェクトを挿して微調整します。アルバムで複数曲マスタリングする場合は曲ごとに音量がバラバラにならないよう、音量バランスも揃えます。

エフェクターを挿す順番はEQ→コンプレッサーリミッターの順がおすすめです。

 

あんまりエフェクター類を挿しすぎるとミックスでやったことが全て無に帰すのでできるだけ変化はさせすぎないほうが良いと個人的には思います。

 

5,マスタートラックの最後にリミッター、ディザーを挿して44.1kHz/16bitのWAVを書き出す

最後に48kHz/24bitだったデータを44.1kHz/16bitにする必要があります。

0dBを超えないよう、マスタートラックの最後にリミッターとディザーを挿して書き出します。

ディザーとは、圧縮した際音質が大きく劣化しないようわざとノイズを入れることです。音楽以外の画像の処理にも使われるらしい。

Wavesのリミッターはディザーもついてるので便利。

 

これから先、規格は変わるかもしれませんがいまんとこ44.1kHz/16bitのWAVデータが各配信サイトへのスタンダードな納品規格になりますので、これにて完成となります。

 

さいごに宣伝

と、いうわけで以上が主要な配信サイトに配信する場合のワークフローになります。どんな音質か確認したい方は今回私がリリースした作品を聴いてみてください笑(露骨な宣伝おわり)

 

artist.landr.com