【Cubase】VCAフェーダーが死ぬほど便利だからマスタリングする前にみんな使うといいよ

最近知ったんですが、VCAフェーダーが死ぬほど便利です。

 

VCAフェーダーの使いみち

例えば、2mixに書き出してからマスタリングする場合、基本リミッターとかは抜いておくじゃないですか?でも、リミッターを取った後だと音量が0dBよりも超えてしまいますよね。

 

昔はわざわざボリュームフェーダーに細々数値を入力してピークを超えないようにしてたんですがVCAフェーダーなら一気にまとめてフェーダーを動かせるので非常に便利。

 

こんな風に

いけます。

 

 まあ単純に、「リズム隊」「コーラス」「上モノ」みたいにまとめてグループでVCAフェーダー作ってミックスする、っていうのでも便利だと思います。

 

あと、オートメーションそのまま連動してくれるので、オートメーションも書き直す必要が無いってとこもかなりありがたい仕様となっております。

 

VCAフェーダーの作り方

f:id:HYLE:20190314213503p:plain

Mix consoleを開いてまとめて動かしたいフェーダーを選択→右クリック→「選択チャンネルにVCAフェーダーを追加」でできます。

 

そもそもなんでマスタリング前にボリュームフェーダーを下げる必要があるのか

マスタリング前にはヘッドルーム(波形の余裕)が〜-6dBぐらい必要ですが、リミッターとかかけたりマスターフェーダーの音量下げたりしてヘッドルームを作成すると、音がアホみたいに悪くなります。

昔、マスタリングのエンジニアさんに音圧爆上げデータを持っていったら

 

「マスターにインサートしてあるプラグイン全部抜いて各トラックのフェーダー全部下げて0dB以下になるように書き出して^^」

 

と笑顔で言われてその場でCubase起動してひたすら1トラックずつ書き直しました。苦い思い出。

 

いやあめちゃくちゃ便利な時代になりましたね。