Cubaseのマスタートラックの最後にプラグインをたくさん挿す方法

Cubaseのマスタートラック(ステレオアウトのトラック)の最後にプラグインをもっと挿したいと思ったことはありませんか?今日はその方法を解説しますー。

 

 

 

Cubaseのデフォルト状態

昨今便利なアナライザーやらメーターやらたくさん出てるのでたくさん挿したくなるってのが人情。私の場合、制作途中までリミッター挿して使いたいんで、スロットが2つじゃ足りないんですよね。

でも、デフォルト状態だと

f:id:HYLE:20190311214746p:plain

プラグインは2つしか挿せないようになってるんですよね。緑棒で区切られてて。

 

実際のやり方

緑棒にマウスを合わせて

f:id:HYLE:20190311215738p:plain

ドラッグアンドドロップで上に動かすだけです。

f:id:HYLE:20190311215601p:plain


はい。

この棒動くんだね、知らなかった…。偶然見つけたので今回記事にしてみました。

 

他のトラックも同じしくみ

マスタートラックだけじゃなく、他のトラックも同じくインサートの緑棒は動かすことができます。正直あんま使わないと思うけど笑

 

 

動画で確認する

一応動画にも撮っておいたので映像で確認したい方はぜひ。

www.youtube.com

 

 

これでもうマスタートラックにあれこれ挿し直す必要無くなったのでちょっとだけ効率化できて嬉しみ。

アナライザーやVUメーターやRMSメーターやラウドネスメーターやリファレンスプラグインなどなどたくさんぶっ刺したい人はやってみてくださいませ。

 

Steinberg スタインバーグ DAWソフトウェア CUBASE PRO 10 通常版 CUBASE PRO /R

Steinberg スタインバーグ DAWソフトウェア CUBASE PRO 10 通常版 CUBASE PRO /R