リファレンスプラグイン「MetricAB」最高。メリットを5つ紹介するよん

通常価格199ドルのMetricABがアホみたいに安いセール価格(39ドル)だったので買ってみました。

 

f:id:HYLE:20190310064444p:plain


便利そうだなーって思って使ってみたら予想通りやばいくらいスーパー便利だったのでメリットをまとめてみましたよ。

 

MetricABの概要

まずはMetricABとはなんじゃらほい、ってとこから説明しますね。

MetricABは、リファレンス音源(参考音源)と自分のミックスを聴き比べられるアナライザーのプラグイン。

マスタートラックの最後に挿せば、エフェクターの影響を受けずに自分のミックスと比較を行うことが可能っていうめちゃくちゃ便利なしろもの。

1ポチで音を比較、一瞬で波形を目で比較することができるという神ツール。

 

こんな風に自分のミックスとリファレンス音源の波形を並べたり

 

f:id:HYLE:20190310064517p:plain

 

重ねたりして比較できる。

f:id:HYLE:20190310064608p:plain

実際比較するには左のABボタンを押します。(Aが自分のミックス、Bがリファレンス音源)

f:id:HYLE:20190310065039p:plain

 

切り替えが死ぬほど楽です。

 

メリット1,目と耳でほぼ完璧な比較が可能

今までは、リファレンス音源と聴き比べる為にはプロジェクトに読み込む→結局エフェクターの影響を受けるからいちいちエフェクターのスイッチ切って…とかやらなきゃいけないんで完全に同じ状況で比較するってことができなかったんですよね。

エフェクターオンオフ問題があるから画面にアナライザー2つ並べられんし。

 

それがこの有様ですよ。

f:id:HYLE:20190310064517p:plain

リファレンス音源の音量調節も自動でやってくれるし目と耳両方でほぼ完璧な比較が可能。神かな?

 

マスタリング済の音源をミックスで比較するのだと音量とかがそもそも違うので非常に助かります。

まあCubaseの場合は簡単にリファレンス音源と比較できるって機能もあるっちゃあるんですがオーディオインターフェイスでめんどくさい設定をしたりとかしなきゃだし視覚的に細かい比較はできないし。

それが、プラグイン1つですよ奥様。

めんどくさい工程が無になるis幸せ。

 

EQはもちろんラウドネス、ダイナミクス、ステレオ感もばっちり比較できます。

f:id:HYLE:20190310064732p:plain


 

メリット2,フィルターで細かい解析が可能

特にフィルター機能がすごいと思った。

 

例えば、リファレンス音源と比べてローが足りないな、となった時、「じゃあ何のローを足せばいいのやら?」ってなるじゃないですか?それが、自分のミックスとリファレンス音源同時にフィルターをかけてローだけを聴く、ってことができるので具体的に何のトラックのどこの周波数が足りないかってのがすぐにわかります。

 

f:id:HYLE:20190310064909p:plain

はい神。 

メリット3,重要な作業に集中できる

リファレンス音源の波形と自分の波形をほんとにわっかりやすーく比べられるので自分のミックスの何がダメか一目瞭然。

 

リファレンス音源と全く同じ音源をミックスするわけではないのでもちろん自分の曲のミックスは自分なりに最終的にカスタマイズする必要があるし、リファレンス音源のミックスを完コピするのも表現としてどうなのとは思う。それでも自分で「こうしたい!」ってミックスの方向性が既に決まってるなら今の自分に何が足りないのかがはっきりわかるツールは非常に大きな力になるなあ、て思った。

欠点はMetricAB使ってさっさとカバーして、重要な作業(音作りを詰めたりとか)に集中できるのはかなりのメリット。

 

 

メリット4, 迷いが無くなる

「この処理すればリファレンス音源に近づくかな?」みたいな迷いが一切なくなります笑

もうほんと、何が足りてないのかが一目瞭然なんでその処理を施せばいいだけ笑笑

迷いが無くなるので時間も大幅節約。時間的な余裕も生まれるし精神的にも余裕が生まれます。ありがたや。

 

メリット5,制作初期の音作りにも使えそう

元々Neutron 2(自動でミックスしてくれるプラグイン)を買う予定で、自動でミックスされるんならアナライザーは必要ないかなー無駄になるかなーと思ってちょっと買うのを迷ってました。

がしかしMetricAB、触ってみたところあまりにも優秀すぎてミックス以外の耳コピとかにも使えそうなんで結果的に自動ミックスプラグインを買っても無駄にはならなそうでよかった。

 

昨今、作曲と音作りとミックスの境界線がどんどん無くなってきてるので

例えば一番最初の音作りの時点で、「こういう音作りたいなー」って時の耳コピにも使えるなあと思いました。

いくら自動でミックスできる時代とはいえ最初の音作りは自力でやらねばいけないわけで。その最初の音作りに非常に役立ちそう。

 

結局「MetricAB」はどんな人におすすめか

ほんと便利なので、初心者の方にも伸び悩む玄人の方にもどちらにもおすすめだなーって思った。

ミックスやマスタリングうまくなりたい人、効率化して楽したいって人ならメリットめちゃくちゃあるなあと感じてます。

 

「MetricAB」のデメリット

デメリットは…販売してる公式サイトが英語、日本語の説明書が無いところくらいかな?笑 

 

公式サイト↓

www.plugin-alliance.com

 

でもみんなおなじみsleepfreaksさんの動画見れば一瞬で使えるようになるしそもそもシンプルでめちゃくちゃ操作が簡単なんで心配ご無用かと。

 

youtu.be

www.youtube.com

まとめ

という感じで私自身は完全なるMetricAB信者になりました。このプラグインはまじで当たり。これからガンガン頼っていこうと思います✨