プラグインを使わず歌の中にあるリップノイズを除去する方法

歌の前後にあるリップノイズの場合、ハサミで切ったり無音化したりすることで簡単にリップノイズは除去可能ですが、歌の中のリップノイズは歌い直すしかない〜と思っておりませんか?

実は簡単にDAW内でリップノイズは除去できます。しかも特別なプラグインを使うことなく。ちょっと面倒ですが除去できたときはまじで感激しまくるのでどうしてもこの歌のデータ活かしたいけどリップノイズ入ってしもたーでもリップノイズは絶対消したいいいいいって人はぜひやってみてください。試す価値アリでございます。

 

 

 

リップノイズ除去のやり方:鉛筆ツールを使う

はい。やり方ですが、まず簡単に説明すると波形編集画面を開いて鉛筆ツールで直接波形を書き直す方法になります。鉛筆ツールはいろんなDAWに標準搭載されてるかと思います。以下、Cubaseを例にノイズ除去作業のフローを解説していきます。

 

1,波形編集画面を開く

まずは波形編集画面を開いてください。

Cubaseの場合は編集したいデータの波形をクリックして波形編集画面を開き、VariAudio以外の「定義」とか「AudioWarp」を選択→鉛筆ツールを選択します。

f:id:HYLE:20190309061935p:plain

 

2,ノイズの場所を血眼で探す

波形を拡大してノイズの場所を血眼で探しましょう。だいたいリップノイズはぎざぎざしていたり飛び出た波形になってます。

f:id:HYLE:20190309062200p:plain

赤丸のとこがノイズ。

f:id:HYLE:20190309062708p:plain

拡大しすぎても見つけにくいんで注意。Cubaseの場合はこのくらいのズーム感が見つけやすいです。

 

3,鉛筆ツールで波形を描き直す

ノイズを見つけたら、実際に鉛筆ツールで波形の描き直しをします。Cubaseの場合、↑のズーム感で作業しようとすると「ズーム率を1未満に設定してください。」と表示されるので、

f:id:HYLE:20190309062853p:plain

 

さらに拡大して

f:id:HYLE:20190309062946p:plain

こんな感じでドットで波形が表示されるまで拡大し

 

f:id:HYLE:20190309063031p:plain

描き直し!!!

 

これで終了〜。綺麗にリップノイズが除去できます。普通に綺麗にリップノイズ無しの歌になります✨