特定の周波数にコンプをかけられるDAW付属「マルチバンドコンプレッサー」が便利

DAWに付属のマルチバンドコンプレッサー。

f:id:HYLE:20190306221038p:plain

これはCubaseのマルチバンドコンプレッサー



 

 

今まであるのは知ってたし挿したこともあったけど使い方がよくわからんくてメリットもよくわからなくてシカトしていたプラグインなんですが、こいつめちゃくちゃ便利だってことに最近気付きました。

このマルチバンドコンプレッサー、何がすごいって、特定の周波数にコンプレッサーをかけることができるんです。知らなかった…アホだった…。

 

今、過去の自作曲をいろいろいじってまして、プロジェクトデータを捨ててしまってどうしてもミックスの段階に戻れなくて発狂しそうになってたんですが、そんな2ミックスにもこのマルチバンドコンプレッサーは大活躍。「ここ引っ込めてえ〜」ってところを的確に引っ込めてくれます。EQいじるにも限界があるじゃないですか?マルチバンドコンプレッサーはEQでうまいこといかなかった場所をピンポイントでナチュラルに引っ込めることができてものすごく便利。

サイドチェインと組み合わせるとより細かい音作りができたりもする。ディエッサーとしても使えるしマスタリングにも使える。神か。

 

マルチバンドコンプレッサーを一言でまとめると

一言でまとめると、マルチバンドコンプレッサーはかなり細かい作業に超使えるってことですかねえ。もちろん普通のEQやコンプレッサーも大事だけどあと一歩「ここ引っ込めてー!」って時に重宝するのではないかと。

 

ほんとに便利なので私のように長年「マルチバンドコンプレッサー?なにそれ?」みたいに全く勉強すらしようと思わなかった方もぜひ触ってみることをおすすめします〜。