iCloudよりAirDropが死ぬほど便利ということに今更気付いた

驚きました。AirDropって死ぬほど便利なんですね。

 

私の場合、ブログを書いたり動画を作ったりするので画像や動画のデータを

iPhone→Mac→iPad間でぐるぐるするんですよね。

 

iCloudって便利だけどぶっちゃけ遅い

んで、今まではiCloudを経由して画像や動画のデータを「写真」アプリで共有したりしてました。でも、iCloudってぶっちゃけ遅いんですよね。うちのWi-Fiがだめなのかもしらんけど、動画とか重いファイルだと、すぐにデバイス間で共有されないんですよ。

だから、すぐに作業したいときはわざわざライトニングケーブルで繋いだりしてたんですよね。それでも結構時間かかる。

そんで、動画の場合「写真」アプリからデスクトップに書き出してから作業するので、(ファイルをアプリから呼び出すのがめんどいから)デスクトップに書き出す時間もまた必要。

ひーめんどい😃

 

写真だって、たくさん撮ったら他のデバイスで見れるまでに結構時間かかるので、すぐに作業したいデータはわざわざメールで送っていたよ私は…。

 

AirDrop超すごい

そしてこのめんどくささを全て解消したのがAirDrop。

AirDrop、死ぬほど速い。

普段Webからなんかしらダウンロードしている感覚からすると、なんじゃこりゃというくらいめちゃくちゃ速い。普通に有線より速い。

 

AirDrop、使い方も最高に簡単

使い方も最高に簡単。

iPhoneの場合、共有したいデータがあったら、タップして

f:id:HYLE:20190130140921j:plain

左下の「↑」マークを押し

f:id:HYLE:20190130140925j:plain

あとは共有したいデバイスをタップするだけ。これだけ。この場合はMacBook Airですが、MacBook Air側は電源が入ってればOK。スリープ中とかは共有できないけど、これだけでデータのやり取りできるなんて楽すぎてやばい。

 

データの保存先も最高

Macの場合、「ダウンロード」に保存されるのですぐに作業に取り掛かれる。iCloudのファイルの保存先って結構階層が深いからデータ呼び出すのに死ぬほどめんどいんだよね。

 

 

 

しかも、データが変に圧縮されないってとこもよい。速いのにすごい。何この子。神様?

もうライトニングケーブルにもメールにも頼らず、iCloudの共有時間を待つことなく作業できる…最高か><

 

ということでiCloudばかりフィーチャーされますが、まだAirDrop使ったこと無い方はぜひ使ってみてください。あまりにも便利で感激します。

てかAirDropてかなり大昔からあるサービスなんですね。知らなかったの私だけ?笑