リップノイズは悪なのか

リップノイズについてのお話。

 

宅録やってる人とかレコーディングやったことあるボーカリストの方ならわかるかと思うんですが、リップノイズの概要についてちょっと説明しますね。

 

リップノイズとは

コンデンサーマイクとかでボーカルを録ったときに入る、口の中の「ベチャッ」とか「ピチャッ」とした感じの残念なノイズのことを言います。

ラジオとかでもよくリップノイズ入ってる方いますよね。

 

普通のレコーディングした音源では基本このリップノイズは取り除きます。

私も極力リップノイズ取り除いているつもりですがトラック作りから動画編集まですべて一人でやってるため、たまにYouTube上げた後に「あ、リップノイズ取るのわすれた。しにたい」って感じのことはよくあります。

 

大昔スタジオでレコーディングしてたときはエンジニアさんは基本リップノイズは取り除いてるし、変な場所にリップノイズ入ったときはすぐさま録り直し言われてたので長らく「リップノイズ=悪」だと思っておりました。

 

んで。

相も変わらず「久保みねヒャダこじらせナイト」をFODで狂ったように観てるんですが、その中でCharaさんがゲストだったとき、Charaさんご本人が「リップノイズは多い方…でも活かしてます」「グルーヴ作ってるかなって思って」って言ってて目から鱗が落ちました。

 

リップノイズをそんな視点で考えたことなくて、かなりのカルチャーショック。

すべてのリップノイズを残す必要は無いかと思いますが、あえて活かすっていう考え方良いなあ。

Charaの音楽聴いてて「リップノイズうるせえ」って思ったこと無い。

この動画を観てから改めてChara曲聴いてみるとほんとにリップノイズ入ってる!

www.youtube.com

タイムマシーンとか。はあいい曲。

 

リップノイズ入らないように入らないようにって気をつけて歌うより、むしろ活かしてやる!って歌うほうが全然かっこいいかもしれない。

 

リップノイズ残ってしまってもそこまで落ち込む必要も無いのかもしれない。まあ、私の場合は意図的に残してるわけじゃないのでただの残念なミスなんですけど。

 

ちなみにCharaさんがゲストで出た回の「久保みねヒャダこじらせナイト」では、あらゆる曲をCharaっぽく歌うChara選手権とかいう遊びをやってて本当におもしろいのでFOD入ってる方はぜひ観てみてほしいです。

fod.fujitv.co.jp

リップノイズについて語っているのはこちらの動画。

fod.fujitv.co.jp