最近のパスタ事情

最近パスタをよく作るのだけど、というかパスタしか作ってないんですが(はまったらそれを食べ続ける人間)最近めちゃくちゃ楽でおいしいパスタを作れる方法を発見しましてね。

 

その作り方を解説していきます。

題して「フライパンに全てをぶっこむパスタ」の作り方を教えますね。  

 

用意するもの

①フライパン

②200ccの水(だいたいコップ1杯分)

③パスタ100g

④具材、調味料(塩コショウ、油など)

 

作り方(1人分)

①フライパンにコップ1杯(200cc)の水を入れる

②フライパンを火にかけ、パスタ、具材、調味料を全て入れる

③パスタの湯で時間分加熱し、最後らへんはぐるぐる適当にかきまぜて出来上がり   です。

 

めちゃくちゃ簡単です。

要はパスタを別茹でせずに、全ての水をフライパンで吸わせる作戦です。

フライパン一つでできるパスタってやつです。 最初に具材を炒めてからフライパンに水を入れて〜とかやってる人も多いですが、私の場合、最初に水をフライパンに入れて、後は全てをぶっこむだけです。

 

この方法だと、水が沸騰する時間+パスタが茹で上がる時間だけで済むのでめちゃくちゃ早く作れます。

しかも、水の量がとても少ないので沸騰する時間もすごい短い。

 

大体、具材切ったり調味料やらフライパンに入れてる間にパスタがほぼ茹で上がるのであとは混ぜるだけ。

10分以内においしいパスタが食べられます。  

 

よく、パスタの茹で汁使うと乳化されておいしくなるって言うじゃないですか。

このやり方だと、そもそも茹で汁も何もいっしょに茹でちゃってるんでしっかり乳化されてとてもおいしくなります。味が絡みやすくなっててよいです。   大事なのは、水の量を間違えないこと。 パスタ100gに対して水200ccです。

パスタの2倍とおぼえときましょう。

私のように適当な人間はコップ1杯って覚えておけば大丈夫です。

 

水が多すぎるとびしゃびしゃになってしまうので、心配ならちょい少なめにしときましょう。足りなくなったら後で足せばよいです。

 

普通のパスタ茹でる時と比べて圧倒的に水の量が少なくて心配になりますが、気にせず火にかけてしまいましょう。 油とか具材もお湯の中に入れて大丈夫か心配になりますが気にせず全部ぶっこんでしまって問題ありません。

ちなみに、私は小さめのフライパンに普通の乾麺をバキっと折って入れてるのである程度水かさがあるのかも。

 

大きいフライパンでやった場合はどうなるか知りませんごめんなさい。

 

でもとにかく、小さめのフライパンならこのやり方でちゃんとパスタできます。

パスタを別茹でで食べようって言い出したやつ誰や。 とキレるぐらい簡単かつスピーディーかつ洗い物が少なくかつおいしくいただけるので、とてもおすすめです。

ぜひおためしあれ。