屍鬼読んだ。

怖いから無理と言って読んでなかったフジリュー 屍鬼ですが、ついに読んでみました。

屍鬼 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

面白かったああああ☺️

 

昔、1巻の1話を立ち読みした時「グロすぎて無理!」て思ってずっと読まなかったんだけど、読んでみたらその1話がグロさのピークでした。ほんとよかった。

 

ホラー作品ってだいたい

①おばけ的な怖さ

②グロ的な怖さ

 

の2種類があるかと思うんですが、漫画屍鬼は1巻の1話だけグロ的な怖さで、あとは基本おばけ的な怖さでした。

私、おばけ的な怖さの方は大丈夫なんですが、グロい方はほんと無理で。いやおばけ的な怖さも、フジリュー絵だから耐えられたってだけかもしれん。

とか言いつつ多重人格探偵サイコとか読んでたなそういえばw矛盾wwまああれはサスペンスだけど。

 

というか、これ、ホラー作品なのかな??

原作知らないんだけど、ホラーというよりミステリー作品っぽいなーと感じました。「犯人は誰なの!?」と気になってどんどん読んでしまいます。あとやっぱSFっぽさもあるし。

ホラーテイストのミステリー(ちょいSF)って感じ。

 

 

うん、ぜんぜん形容できてませんね。

っとまあとにかく何が言いたいかというと、基本ミステリー調で進んでいくので「怖すぎてページをめくれない!」とはならなかったです。むしろ続きが気になってどんどんページをめくってしまう。

原作の方のAmazonレビューに「宮部みゆきさんの『模倣犯』を読んだ時のように夢中になって読んだ」って書いてあって「めっちゃわかる!!!」と思いました。

私も模倣犯読んだ時の感覚思い出したwこのレビューを書いた人とは仲良くなれそう😊

 

漫画の方のレビューは絵が見辛いみたいなこと書かれてましたが、紙だと結構読み辛いかもですね。背景が写真加工してあるので。私はKindleで読んだのでそこまでストレスは感じませんでしたが、苦手な人は苦手かも。試し読みでいけそうだと思った人だけ読めばいいと思います。

怖さはもちろんですが悲しくてグッとくる場面ありーの、かなり面白かったです。

間違いなく買ってよかった。

Kindle版で買ったのですが、ちゃんとあとがきマンガあってよかったです。(ここまじ重要)

あとがきマンガのタイトルが、「断崖絶壁今何処」じゃなくて毎回変わるのもおもしろかったです。特に「ウソウソ鬱蒼カワウッソー」て。一体何食べて生きてたらこんなタイトル出てくるんでしょうか。

 

ホラー苦手な人も1巻の1話だけちょいと我慢すればw楽しめるマンガだと思います。

 

屍鬼 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

屍鬼 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)