ちょっとくらい食べすぎても太らない体に進化したっぽい

なんで最近、またダイエットネタを色々と蒸し返しているのかというと、

 

ちょっとくらい食べすぎても太らない体に進化したっぽいからです。

f:id:HYLE:20171125151842j:plain

アラビカコーヒーおいしかった(こなみ)



noteでも動画でも散々、痩せたいなら

「食べたいものを食べる、食べたくないものを食べない」を徹底する!

と解説してるんですが、

「食べたいものを食べる、食べたくないものを食べない」を徹底した先には

 

ちょっとくらい食べすぎても太らない体

 

 

というものがありました。謎ッ!

 

ほんと不思議なんですよ。

 

栄養学とか勉強したわけじゃないし、医者でも無いのではっきりとした理由はよくわからないですけど、大事なのは数字(カロリー)じゃなくて、どんだけ体に必要なものを入れてるかだと思います。

 

体に必要なものを入れると、代謝が正常になって、痩せる。

 

 

 

動画ではわかりやすく解説するために「食欲を抑えられず、過食→体重増える」だけを説明したけど、実は私自身、「食べてないのに太る」という現実も経験してます。

 

 

特に、糖質制限とかやって失敗した人ならよく分かると思うけど、糖質制限した後に普通にカロリー控えめの食事でも炭水化物を摂ると、めっちゃ体重増えるんだよね。

カロリー論だけでダイエットを考えると絶対矛盾する結果なわけよ。

これって明らかに代謝が異常な証拠。

 

1,食欲を我慢する生活

・食欲を抑えられず体重増える

・たいした量食べてないのに体重増える

 

2,食欲を我慢しない生活

・余計な食欲を抑えられるので痩せてく

・代謝が正常になるので多少食べすぎてもしっかり代謝されてく(痩せてく)

 

なのかなーって考えてます。

 

 

昔からよく読んでる「野人エッセイす」のムーさんの考え方に近いです。というかムーさんのおかげでこの考え方に至った。

ameblo.jp


まあ、ムーさんは、体の代謝が異常になるのは不完全な食べ物(養殖、農業で作られた野菜とか)ばかり食べてるからだ!天然のものや野生のものを食べると正常になる!

 

と締めくくっているのですが、

私はそうは思わないんですよね。

 

結局不完全なものでも、食欲に従ってかき集めれば完全になるのではと考えてます。

 

なんか途中からすごい怪しい話になってきたw

 

 

まあでも、「ちょっとくらい食べすぎても太らない体」の境地になるには多少時間がかかるのではと思います。

今までさんざん食欲じゃなくて頭で考えて食べてきたからね。

引き続き苦しいのに食べまくるとかはやらないですが、どうしてもお祝い的な感じとかで食べすぎてしまう時もあります。完璧にできないときもあります。人間だもの。

 

今年の4月ごろはまだちょっと不安定で、

一瞬太った - HYLEにっき

「食べたいものを食べる、食べたくないものを食べない」が実践出来てないと少しだけ太りました。まあ、徹底すればすぐに戻ったのですが。

 

筋トレ時代も含めると、「食べたいものを食べる」をし始めたのが4年前くらい。やっと、多少食べすぎても(満腹なのにさらに食べても)太らないという体を手に入れた✨

 

我慢したり無理して食べる方が明らかに私にとって苦しいしストレスなので、これからも自分の食欲に従う生活は続けていくつもりですが、多少食べすぎても(週に数回)太らないってことに気付いたので記事にしてみました。

人間だもの。完璧に出来ない日だってあるさ。

おわり。