実は遅刻した方がいいのかもしれない

私は基本、遅刻する側の人間なのですが、一時期奇跡的に治った期間がありました。

 

 どうやって治したかというと…

遅刻とかギリギリ到着すると、「やばい!!遅刻ダ!!><」って思っちゃってすごい疲れてしまうんですよね。焦ったりする気分もそうですが、実際に走ったりして。

「遅刻すると逆に疲れるから、遅刻しない」

ってことで、遅刻しないほうがはるかにメリットがあるって頭に叩き込んで遅刻癖を治したんです。

 

んが、最近そーやってちゃんとすることに疲れてきてしまいました。

だって元が遅刻魔なんだもんw無理だわww

↑の方法だとさ、一回一回の遅刻ではたしかに疲れないんだけど、常に「遅刻をしない」と気を配ることって長期的に見るとすごい疲れる行動だったんですわ。じわじわストレスが溜まっていくかんじ。

f:id:HYLE:20170423191827j:plain

 

ということで、最近はむしろ

「遅刻するのって別に悪いことではないのでは」

とか思い始めてしまって、また遅刻魔に戻っています(え

 

 

いや、常識的に遅刻が悪いってことはよくわかっているつもりですよ。

 

でも、遅刻したことによってその後の予定がスムーズに行ったりラッキーなことがあったり。もちろん約束してた人から怒られたりっていうパターンもあるんだけど、後から考えてみると遅刻なんて別に問題無かったとか、むしろ遅刻した方が都合がいいっていう場合もすごく多いので、

 

「遅刻した方が都合がいいんだ」

 

って思えるようになって、「遅刻だーどうしようううう」って変に焦らなくなったんですね。そしたら、無駄に気疲れすることもなくなったので、ますます遅刻癖がひどくなってきた…(^v^)(もちろんちゃんと間に合うこともあるよ!)

 

約束の時間が迫ってきて

「あーやばいなーぜんぜん準備終わってないわー」

っていう時でも、

「遅刻するなら遅刻する方がむしろ都合がいいんだ」

ってドーンと構えてると、約束してた人から

「遅れる」

って連絡来たりとか、約束してた人と同じ電車に乗ってたりとかするんだよね。

焦ったり不安になっても無駄ってことに気付きました。それなら、ドーンと構えていい気分でいたい。

 

 

遅刻された場合であっても、昔だったら

「私も遅刻癖だったしぜんぜん許すわ。許すけど、できれば時間通りに来てほしかったなあ…」っていらんストレス溜めてた気がする。

今はその時嫌だったら「えー」とか言うwでも、すぐに「きっとこの人遅れた方が色々都合がいいんだ」って気持ちを切り替えられて、楽しい時間を過ごせるようになりました。てかむしろ、この遅刻のおかげでどんな良いことが起こるんや!?って楽しくなってくるw

もともと遅刻された時に時間を潰すのは得意な方だと思っていたけど、すごく余裕を感じられるようになりました。

 

 

今日、母はこれからツアーで旅行らしいのですが、

「二度寝して寝坊しちゃったどうしよう><こんなのはじめて><」って連絡来たんだけど、結果ツアーメンバー時間通りに誰も揃ってなかったらしい。

 

そんな結果を目の当たりにしてると(見てないですが)ますます「実は遅刻した方がいいのかもしれない」って思えてしまう。全てはベストタイミングなのかもしれませんね。

 

 

 

と、ダメな自分を正当化する記事を書きました(^v^)