サ行とかsの発音のときに出るノイズをコンプ・EQ・音量レベルいじらずに楽々カットするには

サ行とかsの発音のときに出るノイズってあるじゃないですか。実際「さ」って発音する前の息みたいなやつ。歯擦音(しさつおん)って言うらしいんですけど。

まあ、歌う時に気をつけりゃいいだけの話なんですがsの発音強めたほうが洋楽っぽく聞こえるので好きなんですね。

 

歯擦音ばりばりの歌でも普通に録音して聴いてみると目立たないんですが、だんだんアレンジとか足してくと歯擦音のノイズをがすっごいうるさくなるんですよね。

 

要は4〜10kHzの周波数の部分に余計な音が溜まりすぎてるわけで。 ボーカルのEQをいじったりミックスで同じ周波数らへんのシンセの音とか痩せさせれば解決するんですけど、 ボーカルの美味しい部分が削れて上モノシンセの美味しい部分が消えて 音圧が足りなくなるうううううう:;(∩´﹏`∩);: ってなりませんか?

やっぱ10kHz以上はちょっと持ち上げてヒリヒリさせたいし。

今までどう処理していいかわかんなくて、結局歯擦音残ったまま放出w

 

普通に聴く分には聞こえないレベルに調節はしてたんですが、iTunesの音量マックス、PCの音量マックスにするとやっぱり歯擦音は聴こえててですね。 んでんで、やっとなんとかする術を得た><

 

f:id:HYLE:20161223042157p:plain

 

専用エフェクターでなんとかせよ

 

今まではボーカルとその他のトラックのEQやら音量やらコンプレッサーなんかをいじってなんとか許せるレベルに歯擦音を調節してたんですが、実は歯擦音処理のための専用エフェクターがあったのだ!!!

 

そのエフェクターとは…DeEsser(ディエッサー)♪ 仕組みはコンプレッサーと同じで、歯擦音とかキツい部分だけキレーに抑えてくれます。

 

Cubaseには標準で付いてる

ちなみに、Cubaseには標準で付いてました。 CubaseのDeEsserはコンプレッサーっていうより、リミッターに似てます。

色々調節できるんですが、オートでかけて綺麗だったのでそのままオートで使っちゃってます。Cubase以外のDeEsserだと、削る場所の周波数を指定したりするそうな。まあ4〜10kHzあたりを耳で聞きながら調節してくのがいいんでないでしょうか。

 

VST対応のDAWだと、フリーで使えるプラグインもあるそうです。 

niconico-toolbox.blog.jp

有料だと、WAVESとかが販売してます。

www.minet.jp

WAVESでもDeEsserだけなら6000円台です。ソフトやプラグインの中では安い方だとおもうので、DAW側に標準搭載されてない場合は是非購入を検討してみては。ボーカルやトラックのEQやコンプ、音量を調節するより遥かに楽です。

歯擦音消すためにトラックの方も色々と削らなくていいので、ミックスの仕上がりもだいぶいい感じに変わります。まだDeEsser使ったことない人はぜひ一度お試しあれ。トータルでミックスのレベルを上げたい人にもおすすめです。 テンプレートに指しとけば、効率よくなるのでおすすめですー。