読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLEにっき

音楽つくってます

音楽理論に関しておもうこと

音楽理論に関して色々思うところがあったので私の考えを書いてきます。

基本的に、私は音楽を作る場合は音楽理論なんて必要無いと思っている。独学で楽器を習得する人は多いし、ボイトレ積んだボーカリストの歌が特別素晴らしいとも思ってない。本人の好きなようにやるのが一番だと思ってる。現に私が一番好きな男性ボーカリストであり世界中でバカ売れしたJamiroquaiのJKは楽譜が読めないし書けない。音楽理論の知識なんかなくたって良い音楽は生み出せる。


例えば、「ドレミファソラシド」を「あいうえおかさた」って覚えていたって、本人が表現したい音楽を再現できているなら何も問題は無いと思う。独学の「学」って、自分なりに公式を作っているだけであって、その公式は実は普通の音楽理論の言葉で表せるってケースはたぶん死ぬほどあると思う。要は言語が違うだけ。日本語で覚えてるか英語で覚えてるかって違いだけ。世間一般で使われている音楽理論の言葉で知識をインプットして音楽を作っているか、自分の中の音楽理論で知識をインプットして音楽を作っているかの違いだけ。

 

続きはnoteで読めます。