読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLEにっき

音楽つくってます

【DTMでベースのスライド】1オクターブ上げ下げする方法

DTM 音楽

うわあああああああやっと解決したあああああ。

 

DTMの打ち込みでベースのスライド音の作る方法。

 

今までもスライドのやり方は知ってたんですが、

 

「あたしの作るスライド、音幅が狭すぎんご…」

 

ってずっと悩んでたんですね。ぐぐればよかったんですがいまいち飛び道具的な音出し、わざわざぐぐるのめんどくさすぎて調べなきゃ調べなきゃって思ってたのですが、ついに調べた←

解決しました。

 

ピッチベンドの幅が狭い原因

今まではCubase側のピッチベンドしかいじってなかったんですが、シンセ側のピッチベンドもいじらなければならないのです!!!

 

デフォルトだとピッチベンドの幅が狭くなっておるので、1オクターブとか長い音の範囲を上げ下げしたいときには、シンセ側のピッチベンドをいじります。

 

シンセMassiveの場合、

1,オシレーター(OSCって書いてある)タブを押して、

2,ピッチベンド(Pitchbend)の値をいじります。

 

Upを12、Downを-12にすると、DAW側のピッチベンドを最上にしたときに、1オクターブ上がってくれます。

f:id:HYLE:20160812024109p:plain

 

ってことでまとめると、以下の方法で幅広ベースのスライド音が作れます。

 

1,シンセ側のピッチベンドの幅を大きくする(±12だと綺麗に1オクターブ)

2,DAW側のピッチベンドをペンで書く

 

f:id:HYLE:20160812024610p:plain

こんな風にね。デフォルトはベロシティになってるからクリックしてピッチベンドに切り替えるんだぞ。

 

よくわからん人は私の文章読むよりSleepfreaksさんの動画見たほうが一瞬で理解できるかと思われます。

www.youtube.com

 

はーすっきり