宅録ボーカリストが速くボーカルを録音する方法

はじめて宅録でボーカル録音をしたときに、「うわッへたくそ!音痴!◯ネ!!」っと思うことありますよね。今もあります←

というのはおいといて、天性の歌ウマ人間以外は基本的にピッチのズレは多少あるわけで。しかし、ボーカルのレコーディングって実はピッチとかリズムっていうより、歌い方を工夫した方がさくっと終われます。歌の上手さってね、大きく分けると大体この2点なんだけど

 

・ピッチ

・リズム

 

このピッチとリズムってゆーのは、1日2日がんばったくらいじゃうまくならないです←

いや、まあ普段から練習とか大事だとは思いますけども(練習はしてないですけども)

ボーカルのレコーディングで、上手く歌えなくて、何度も何度も何度も何度も何度もリテイクを重ねるレコーディングをしてませんかね?私も昔はよくやってたんですが、はっきり言って

 

マジで時間の無駄なわけですわ。

 

しかもね、

 

ピッチとリズムって、機械で簡単に直せる。(言っちゃった><)まあ、たまに直せないときもあるけど。リテイクを重ねてレコーディングするより、後からピッチ補正した方が早いんですわ。どんなに綺麗に歌えても、レコーディングでは誰だってピッチ補正するし。

 

ピッチが良いにこしたことはないんだけど、それよりも重要視してほしいのは、歌い方。歌い方って、基本的に以下の4つの要素でできておるわけです。

 

・吐き出す息の量

・腹の力加減

・発音(口の大きさや舌の処理)

・語尾の処理

 

とりあえず1回歌ってみて、なんも考えず「へたくそだなー」って思いながら上手く歌えるまでリテイクを重ねるのはまじで時間の無駄。なので、この4つの要素を意識して実験しながらレコーディングしていきます。

 

「吐き出す息の量を増やしてみよ」

「吐き出す息の量減らしてみよ」

「腹に力もうちょい入れてみよ」

「口もうちょい開いてみよ」

 「語尾力抜いて歌ってみよ」

 

みたいに、実験しながらレコーディングしてく。何度も同じようなテイクを重ねるより、がらっと音が変わるから方向性がさっさと決まるし、すぐに思い通りの音が録れる。

特に大きく音が変わるのが、語尾の処理かなー。語尾で舌を巻いてたら気持ち悪い発音に聞こえるし、腹に力を入れ過ぎると乱暴になるから、語尾丁寧に意識して処理すると歌の印象が変わりやすい気がする。語尾で息吐き出しちゃうのかそのまま息は混ぜずにするっと歌うのかとかも結構変わる。

 

番外編

とは言いつつも、ピッチとリズムも今すぐ突然上達したい!って人もいるかと思われます。

 

んで、ピッチの場合は目線を変えると上手くいくことが多いです。高い音なら遠くを見る、低い音なら手前を見る。顔筋と音程はすごい深く関わりがあるそうです。(理由はしらん)実際に、ちょっと高音きついなーって時に、目線を遠くにするとかなり楽に声が出たりします。

 

リズムの場合は、体の力が入ってるとブレブレになりやすいです。意識して力抜きましょー。あと、もう少し手前から録音すると良いかも。どうしても、RECボタン押してすぐ歌う、ってなると力が入ってリズムがずれやすくなる。力が入っていない状態でリズムに乗る時間を作ってやることで、歌がぶれにくくなりまする。