「この人って信じられる?信じられない?」よりもまずは自分

超絶ネガティブ&被害妄想ばっかでなにもうまくいかない時に言われた言葉がある。

「もっと人を信じろ」

 

当時は「そうか、もっと人を信じた方がいいのか」っと思って何度も何度も人を信じてみようとした。

 

でも、それってほんと無意味な努力だった。

もちろん人を信じることは大切だと思うけど、自分のこと信じてないのに他人のこと信じるとかって、まじで無意味だってこと。つーか無理だってこと。

他人より、自分のこと信じるのが先ってこと。

 

自分より他人を先に信じてしまうことって、土台作らずに家建てることといっしょだ。ちょっとでもトラブルが起こったら簡単に崩れる。

 

ちゃんと自分のこと信じられてあげてたら、何か色々大変なことが起こっても「私だから大丈夫だし」とか「裏切られたって大丈夫」って思える。だって私は私のこと裏切らないからね。

 

自分を信じてないのに他人を信じた気になっていると、なんでもかんでも他人のせいにしてしまう。信じる人を選んだのは自分なのになあ。そこに責任はないのかね。

 

自分以外全部敵!っていうネガティブなものじゃなくて。

確実に、死ぬまで一緒なのは自分だけ。まずは自分を信じてから。その上で誰かを信じてみたり、裏切られたりしてみればいいんじゃないかなー。

自分のことを信じてないと、本当の意味で他人を信じるなんてできないんじゃないかな。

これ、究極に自己責任だけど、究極に安心できる方法。