「私変わってるって言われるんです」→何いってんのこいつって思う

「私変わってるって言われるんです」って言ってる奴が嫌いだ。何いってんのこいつって思う。

 

なんかさー、同じ人間なんてこの世に1人もいないわけでして、地球人全員が変わっていると思うんだよね。無くて七癖とかゆーじゃない?絶対ひとりひとり、他人から見た変わっている部分、変な部分ってあるんだと思うんだよねー。

 

んで、「私変わってるって言われるんです」って自分以外の人を雑に表現する人って、なんか選民思想みたいなのが透けて見える気がしてしまう…自分だけ特別、みたいな。というか、「私変わってるんです」って言うことで自分は特別なので許してください気に入ってくださいみたいな下心もスケスケで吐き気がする。そうやってアピールして気に入られた自分を確認したいだけじゃんか。最初から自分を認めてたら良いだけなのに。特別って思ってるなら「私は特別でーす♡」とか言ってる奴の方が好きだ。そこに嘘も下心も無い。「認めてくれ」という強制力が無い。あと単純におもしろい。そもそも人間全員特別でしょ。

 

 

「私変わってるって言われるんです」とか言ってる奴に限って、他人に対して「察しろ」とか「◯◯して当然」とか思ってる。んで、思い通りにいかなくて勝手にへこんでたりする。

いやそれ自分で本音表現すれば解決する話だよね?ってゆーの多い気がする。

 

他人を雑に括るような目で見てるから、自分以外の人間が自分の思い通りに動かないとへこむ。いやそれ、普通に、他人を人間扱いしていないんじゃないですか…?って思ってしまう。

 

意見が違うのが当たり前。思ってること違うのが当たり前。そっから出発してないんだよね。自分以外の人を人間扱いしてないんだよね。

 

「私変わってるって言われるんです」

じゃなくて、

「私はこう思う」

って伝えるほうが潔いし誤解生まれなくて健全だと思うんだけど。

 

って久々に考えてる系の記事書くとすごい頭かゆくなってきたのでこの辺でやめる。