読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLEにっき

音楽つくってます

耳コピだるいから自動解析ツールに課金した結果

DTM 音楽

耳コピ、ダルいですよね。耳コピがめんどくさすぎて、とある自動解析ツールに課金してみました。機械に頼ったらもう耳コピする必要はほとんど無いんじゃないかとルンルンで試してみたんですが、だめですなあれ。精度低いわ。完全に間違ったコードを示すわけじゃないけど、いきなし謎に転調しまくったりするし、ベース音解析しねーし、ぶっちゃけひどい。(せっかく課金したのに!!!!!!!)ってことで、2016年現在はやっぱり耳コピは己の耳に頼るしかないことに気がついた。んで、よく耳コピどうやってやるのと聞かれるので教えます。ちなみに、私は方法を教えるだけです。音楽理論とかを人に解説したら私の説明が下手くそすぎて全く伝わらなかったのでそのへんは本読んだりぐぐったり他の人にきいてくれ><

 

耳コピスピードを高めるのに必要なこと

1,聴音いっぱいやる

聴音ってのは簡単に説明すると、音当てクイズ的なもの。まあ、小規模な耳コピ練習という感じでしょうか。音だけ聞いて採譜しく作業のことです。

私は小さい頃からピアノやってたんで、自然と聴音で耳が鍛えられてきました。音がわかるのでずっと絶対音感だと思ってたんですが、実は楽典勉強してから音感が悪くなり、相対音感だってことに気が付きました。子供の頃のが音感ありました。悲しい。んで、この相対音感ってのは別に自力で鍛えることが可能なので訓練するだけっす。ピアノの先生とかに聴音してくださいって言えばやってくれる。

新訂 独習聴音問題集(上) CD-ROM付

新訂 独習聴音問題集(上) CD-ROM付

 

 

最近ではネットで無料で聴音できるツールもあるみたい。べんり〜。

聴音~洗足オンラインスクール

 

そーいやアプリとかもあったな。べんり。

聴音 練習問題(入門/初級)

聴音 練習問題(入門/初級)

  • JunkoHonma
  • ミュージック
  • 無料

 

 

2,24調を頭に叩き込んどく

 そもそも採譜するためには24調のことがわからないと話になりません。24調を頭に叩き込んどいてください。24調を理解しようとしてもよくわからない人は、ハノンにある簡単なスケールの24調を完璧に弾けるように体で覚えときゃいいと思います。シャープが3つあると何調になるのか、どの音からスケールが始まるのか、などなど体で覚えたほうが早いと思います。24調わかればありえない音を候補から大量に外すことができるのでとても楽です。アレンジの仕方もさくさくわかるし。

全訳ハノンピアノ教本  全音ピアノライブラリー

全訳ハノンピアノ教本 全音ピアノライブラリー

 

 

ってことで、とにかく耳コピ力を高めるには体で覚えていった方がいいです。んで、音程の「短」とか「長」の意味を理解できるようになったらもっと早くなります。楽典のジャンルになるのでぐぐるか人にきくか本で読んで理解してください。(丸投げ)

新版 楽典―音楽家を志す人のための

新版 楽典―音楽家を志す人のための

 

 

3,ネットで調べる

有名な曲はだいたいネットで調べればコードが出てきます。しかし、ネットでコード検索してヒットしても、コード解析ツールと同じように間違ってることも多々あるのであくまでもデカいヒント的な位置づけで活用したほうがいいです。細かいとこの間違いは結局自分の耳で判断しなきゃならないので普段から耳を鍛えておくのが大切。楽譜も間違ってること多いしね。とくにバンドスコアとか酷い。雑すぎあれ。耳が悪いくせに楽譜を書くな!!(おこ)

 

4,ネットに載ってなかったらコード解析ツールにかける

え、一番最初に解析ツールだめって言ってたくせに!とお思いの方もいるかと思われますが、ヒントとして活用するなら全く問題ないと思います。ぐぐったほうが早いので、コード解析ツールはあくまでネットに載ってなかった場合に活用しましょー。一から耳コピするよりは解析ツールかけてから耳コピしたほうが早いです。そんで、個人的な感想としては、解析ツールに課金しなくていいと思います。無料のツールも有料のツールもどうせ完璧なコードは解析してくれません。間違ってます。解析ツールに課金するなら得意な人にやってもらうのが精度高いです。人間便利。

 

ということで、聴音力を鍛えつつ、テクノロジーからヒントをもらいながら進めるのが一番耳コピスピードが早いような気がします。