予算20万以下で宅録が全く初心者の人が用意すべき最低限の機材7選

宅録を全く初めてする場合に用意すべき必要最低限のものを紹介します。

トラック作り、リミックス作り、波形編集、歌録りとかまあまあのクオリティのものが一通り全てできます。予算は20万以下。

 

1,パソコン

Macしか持ったことない人間ですが、一応毎回パソコン買い換える度にWindowsと比べてます。しかし結局Macが一番安い気がする。MacBook Airの一番スペックが低い102,800円のやつで問題無し。

 

2,DAWソフト

DAWソフトは圧倒的にLogicが安いので宅録全く初心者でできるだけ費用を抑えたい人はLogic Proってソフトを買いましょう。App Storeから購入できます。23,800円と超安いのにプロ仕様。

Logic Pro X

Logic Pro X

  • Apple
  • ミュージック
  • ¥23,800

 ちなみにWindowsの人はこれ使えないので要注意。

フリーソフトでもできるけど、断然プロ用のDAW買ったほうが良い。フリーソフトとかGarageBand使ったことあるけど、なんでこんな回りくどいやり方しなきゃいけないんだ?ってなるので、さっさとプロ用のDAWソフト買ったほうが良いです。

 

 

3,オーディオインターフェイス

 数々のオーディオインターフェイスを破壊してきた人間からすると、残念ながら宅録レベルのオーディオインターフェイスでは値段とクオリティはあんまり比例しません。なので、高ければいいってもんじゃない。1万5000円くらいのこれは超安いけどすごい良い。初めての人にはおすすめ。

Steinberg スタインバーグ 2x2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

Steinberg スタインバーグ 2x2 USB2.0 24bit/192kHz オーディオインターフェース UR22mkII

 

2万も3万も出してよくわかんないの買うより断然これがおすすめ。

 

4,マイク

ニコ動の「歌ってみた」とかボーカル撮りたい人はマイクを用意すべし。ボーカル用のマイクはダイナミックマイクとコンデンサーマイクの2種類があるんだけど、ダイナミックマイクを使うと残念ながらデモ音源っぽさが抜けない。なのでコンデンサーマイクを思い切って買うべし。

BEHRINGER B-1

BEHRINGER B-1

 

 私買った時このマイク8000円くらいだったんだけど、今は12000円とかするのか。。まあでも安い。

 

高いマイクの何が良いかって言うと、ミックスのしやすさ。やっぱり安いマイクで録った声はミックスする時に埋もれやすいのでミックスに時間がかかります。10万以下でミックスしやすいのはNeumann / ノイマン TLM102 ( TLM 102 )だけど、初心者は別にこんな高いの買わなくて良いと思う。

 

 

5,マイクケーブル

 マイク用のケーブル。マイクとオーディオインターフェイスをつなぎます。

audio-technica キャノンケーブル ATL458A/3.0

audio-technica キャノンケーブル ATL458A/3.0

 

 

6,変換プラグ

オーディオインターフェイスを通して手持ちのヘッドホンとかイヤホンから音を聴きながら作業したい人は必須。

 宅録はじめようかと思ってる人にイヤホンとかヘッドホン持ってない人はいないかと思いますが、これらが無い場合はスピーカーが無いとオーディオインターフェイスから音を聴けないので別途用意。

 

7,楽器

普通に手持ちの楽器で問題無いかと思います。トラック作らなくてミックスとかリミックスだけの人は楽器いらないけど、楽器があると一気に自由度上がるので一応。ピアノできる人は断然MIDIキーボード用意すべし。いろんな88鍵からみみっちいiPhoneキーボードまで試しましたが、鍵盤数は49鍵くらいが一番ちょうどいいです。88鍵は便利だけど移動するのに大変…。かといって小さすぎると不便だし。ピアノ弾ける人は49鍵盤くらいが一番便利です。

 竿系の楽器の人はケーブルも忘れずに〜。

 

 

DAWソフトとMTR

宅録しよっかなーって言ってる人に今の時代何故かMTRとか薦めてくる人がいますが、絶対に信用してはいけません…。MTR買ったことあるけど一曲も作れなかった…。MTRで1曲作ろうとすると死ぬほど時間かかると思うし、ちゃんとしたクオリティのものは作れない。普通にパソコン買ってDAWソフト使って宅録するのが一番簡単。下手くそでもDAW使ってどんどん作ってくのが今後のためにも良いと思う。

 

まとめ

ってことで、これら全て用意すると20万弱になります。DAWソフトとか1回買えばずっと使えるので、あとはオーディオインターフェイスとかマイクを好みに合わせて買い換えてく感じで良いと思います。やってみると、もっとこーしたいあーしたい、ってのが見えてくると思うので。