読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLEにっき

音楽つくってます

Cubaseの音が出ない時に確認すること8つ

DTM まめちしき

超初心者向けの記事でも書いてみる。Cubaseの音がでない時の原因はだいたいこの8つなので、確認してみることをおすすめします。未だに私もしょっちゅう音が出なくなります♪

 

・パソコン側&ソフトの問題

・ハードウェアの問題

・アップデートの問題

 

にわけて解説していくよー。

 

パソコン側&ソフトの問題編

1,各ボリュームを確認

f:id:HYLE:20151016112111p:plain

超初歩的ですが。ボリュームだいじ!うっかりボリュームが0になってて音が出ないってことよくあります。Cubase側のボリュームとパソコン側のボリューム両方を確認しましょう。

 

2,パソコン側のサウンド設定を確認

パソコンの中にもオーディオインターフェイスは内蔵されてるのですが、もしハードウェアのオーディオインターフェイスをつなげている場合、どっちかのオーディオインターフェイスしか使えません。パソコン1台で使えるオーディオインターフェイスは1つだけ。

んで、ハードウェアのオーディオインターフェイス繋げてオーディオインターフェイスからスピーカーやらヘッドホン繋げてるのに音がでない!という時は、パソコンに内蔵のオーディオインターフェイスが動いている場合がある。(まあ、ボリューム普通にあったらパソコン側から音が出てるはず。)そんな時はパソコン側の設定で、ハードウェアのオーディオインターフェイスを選んであげてくださいな。

Macだったら「システム環境設定」→「サウンド」を選択。

f:id:HYLE:20151016114308p:plain

「出力」で自分の持ってるオーディオインターフェイスを選んでくださいな。私の場合、「MOTU Micro Book Ⅱ」を繋いでるのでこれを選びます。オーディオ録音する人は「出力」だけじゃなくて「出力」でも忘れずにオーディオインターフェイス選んでね。

 

基本的にここの設定はオーディオインターフェイスつなぐと自動的にオーディオインターフェイス選ぶようになったりするんだけど、内蔵オーディオで作業してて、Cubase使ってる最中にオーディオインターフェイス繋げたりすると設定されずにそのまま内蔵オーディオになったままになったりなんかバグったりして自動でオーディオインターフェイス選んでくれないことは多々あるので要ちぇっく。

 

3,デバイス設定を確認

音がでない殆どの原因はこれなんじゃないか!?オーディオインターフェイスは、パソコン側とDAW側両方で選択しなきゃいけないんだけど、メニュー画面から「デバイス」→「デバイス設定」→「VSTオーディオシステム」ってとこで使うオーディオインターフェイスを選びます。内蔵オーディオになってると、ハードウェアのオーディオインターフェイスから音が出ません。

f:id:HYLE:20151016112857p:plain

これも多くは自動で選ばれるけど、自動で選んでくれないことも多いので要チェック。

4,VSTコネクションの設定の確認

これもよくあるやーつ。各接続を管理してるVSTコネクションってところが未接続になっていると音が出ません。「デバイス」→「VSTコネクション」で未接続のとこをちゃんと繋いどきましょう。パソコンから音を鳴らしたい人はオーディオデバイスを内蔵オーディオ、デバイスポートを内蔵オーディオ1、2って感じで選ぶ。

f:id:HYLE:20151016113207p:plain

f:id:HYLE:20151016113605p:plain

 内蔵オーディオじゃなくてハードウェアのオーディオインターフェイスから音を出したい人はここでも「オーディオデバイス」で自分が使ってるオーディオインターフェイス、デバイスポートではオーディオインターフェイスの「Out1」「Out2」とか「Aux1」「Aux2」とか「Stereo out左」「Stereo out右」っとか選んできます。デバイスポートでは片方しから設定しないと片側からしか聞こえないのでちゃんと左右繋いでください。

f:id:HYLE:20151016113649p:plain

これはたまに起こるかな。たまにCubaseばぐると未接続になってしまいまする。

ハードウェアの問題編

お次はハードウェア編。パソコン側やソフト側を確認するのも大事だけどハードウェアに原因があることもあーる。

 

5,ハードウェアのドライバをインストールしているかどうか確認

新しいパソコンにかえたばっか!とか、新しいオーディオインターフェイス買ったばっか!っていう人は、オーディオインターフェイスのドライバをインストール忘れがけっこう多い。私もよくやる。オーディオインターフェイスに付属のCDかオーディオインターフェイス作ってる会社の公式サイト行ってドライバをインストールしてください。ドライバのインストール無しに動くっていうオーディオインターフェイスもあるけどね。ほとんどの場合はドライバのインストールが必要。

 

6,ハードウェアが繋がってるかどうか

初歩的ですが。よくやりますよ…?USBで繋がれているかどーか?スピーカーやヘッドホンはちゃんと繋がってますかね??

7,ハードウェアの音量

初歩的ですが。ハードウェアのオーディオインターフェイス側の音量が0になってないですかね?確認大事!

 

アップデートの問題編

最後にアップデートの問題編。これは、音が出ないだけじゃなくてCubaseが落ちやすくなった、Cubaseの調子が悪すぎる!とか録音できねえ!機能が使えなくなった!とか、あらゆる問題を引き起こす可能性があるので確認しとくと良いです。

 

8,3つのバージョンを確認

例えば、OSをアップデートしたら、それに合わせてCubase、オーディオインターフェイスのドライバもアップデートしなくてはならない場合が多々あります。

 

・パソコンのOS

・DAW(Cubase)のバージョン

・ドライバのバージョン

 

この3つのバージョンが揃ってないとまともに動きません。もしOSをインストールして動かなくなったらCubaseやドライバのバージョンも同時にアップデートしなくてはなりません。だから、むやみやたらとOSのアップデートはしない方がいいかな…DAWとドライバのバージョンが追いついてない場合があるので。もちろんちゃんとDAWとドライバのアップデート版が公式サイトにあるならなんの問題もいりません。さっさとアップデートしちゃいましょう。