DTMで曲中ボーカルを強調するのに使える地味な技7選

ボーカルを曲中で強調するために1曲の中でいろんなことをするのですが、私がよくやるパティーンを紹介しまする。かなり初歩的なことなので、玄人の方々にとっては目新しい情報が無いかもしれません。DTM初心者の方々は参考にしてみては。

 

まず、ボーカルの音作りで基本てきなやーつはこのへんの技だと思いますが

・コンプレッサー

・リバーブ

・EQいじり

あ、声がこもっていていまいちな感じの人は、EQではロー(音の低音部分)をカットしてみてはいかがでしょうか。エンジニアさんによく私の声はローをばっさりカットせえと言われてます。「カットしてますよ」って言うと「もっとカットせえ」と言われたことがあります。なかなかうまくいかない人は思い切ってローをばっさりカットしてみるのをおすすめします。

 

話が脱線しましたが。DTMでボーカルを強調するのに使える地味〜な技を7こ紹介したいと思います。ざっとまとめてみるとこんなかんじ。

 

1,コーラスをかける

 

2,リバーブを切る

 

3,EQを途中で変える

 

4,左右に分ける

 

5,タイミングをずらす

 

6,ドライブをかける

 

7,ショートディレイをかける 

 んでは説明していきまする。

 

1,コーラスをかける

エフェクトでコーラスっていうエフェクトがあります。コーラスしてるみたいに音が複数重なってくれるエフェクトです。コーラスするのがめんどくさい人に使える術です。Cubaseだったらプラグインの中のモジュレーションっていうカテゴリにあったかな?ロボ声ではないですが、機械感出ます。

 

2,リバーブを切る

曲中、ボーカルに全体的にリバーブをかけていても、あえて曲の途中でリバーブを切るのもはっとするのでボーカルが強調されます。もちろん部分によってリバーブの増減も効果あります。

 

3,EQを途中で変える

曲の途中でEQを変えるのも変化を付けられていいですよ。

 

4,左右に分ける

飛び道具的な感じで左右にふったり分けたりするのもはっとします。

 

5,タイミングをずらす

メインのボーカルのトラックを複製して、ほんのちょびーっとタイミングをずらすとコーラスみたいになります。エフェクトのコーラス使うよりもより人が実際に歌ったぽい音になります。よくボーカルをユニゾンで合わせるダブルという手法があるのですが、最近めんどくさすぎてこのタイミングをずらす方法ばかりに頼ってしまっています。ダブル好きなんだけどね。効率にはかないません。だっておんなじような音すんだもん。4の左右に分けるという方法を組み合わせてもおもしろい音になります。

 

6,ドライブをかける

ドライブ関連のエフェクトでボーカルを歪ませてもよし。私はあんま使わないけど。

 

7,ショートディレイをかける 

さりげなーい変化だけどかけてるのとかけてないのじゃすごい違いがでる技。単純にディレイをかけるというわかりやすい方法もありますが、ショートディレイはさりげなーい変化でおもしろいです。

 

あとがきてきな

ミックスとか上達するにはどうしたらいいのかって話ですが、とにかくエンジニアさんの知り合いを作ってダメ出ししてもらうのが一番良いのではないかなあ、と思います。あと、DTMやってる知り合いを増やす。DTMやってる人は、みんな「これぞ!」的な技を1こか2こは確実に秘めているので、DTMやってる知り合いには積極的におすすめのプラグインとかエフェクトとかEQの使い方とか聞くべきだと思います。私もまだまだまだまだですがね…。みんなで勉強してきましょお…。ちなみにミックスに関する本とかは一切買ったこと無いや。読んでも頭に入ってこねーんだよ!><いつもぐぐるか人に聞いてぱくってるな。DAWの使い方も、1回Cubaseの辞書みたいな分厚い本を買ったけど、全然使わなかったなあ。わからないときはいつもお客様センターに問い合わせていたよ。YAMAHAとNative Instrumentsのカスタマーセンターにはまじで感謝です。

 

そーいやTwitterでまわってきたこのコラムが役立ちそうだったので紹介しておきます。何しろ長いので全部はまだ読んでないのですが、ざっと読んで良さそうだったので貼り付けておきます。

onibabako.amebaownd.com