神風怪盗ジャンヌが懐かしすぎて面白すぎてKindleで一気読みしてしまった

小学生のころにめっちゃ好きだった神風怪盗ジャンヌ。

神風怪盗ジャンヌ モノクロ版 5 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

神風怪盗ジャンヌ モノクロ版 5 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

 ゆとり教育世代やゆとり前後のりぼんっ子はジャンヌ好きだった方結構多いのではないでしょうか。個人的にかなり流行った記憶があるのですが。

 

なかよし→りぼん

 

ときて、何故か途中で気が狂って週刊少年ジャンプを読み始めた私。

週刊少年ジャンプ 2015年5月11/18日号 22/23号

週刊少年ジャンプ 2015年5月11/18日号 22/23号

 

 残念ながらリアルタイムで神風怪盗ジャンヌの結末までは見届けられませんでした。神風怪盗ジャンヌの結末が気になって十年以上ぶりに電子書籍を試し読みし、あれよあれよと全巻Kindleで購入、読破してしまいました。電子書籍の便利さこええ…!瞬く間に金が消えていく…!!!

 

 

暇つぶしに〜って試しにバラで買いはじめたんですが1巻読み終わって速攻2,3,4、、、っと買ってしまいました。面倒だったので最初からまとめ買いすればよかった。値段も変わらないし。

 

 やっぱり少女漫画なので、大人になってから読むと微笑ましい部分もあるのですが、名言も出まくりでやっぱ面白い漫画だなーって思った。

 

まろん「…ねぇ 人ってそんなに簡単に人間のこと愛せるものなの?だから簡単に嫌いになったりもできるの?….」

出典:神風怪盗ジャンヌ(1)/種村有菜著

 

ひー!純粋な少女の言葉こあい。このセリフ、すっごく共感するんだけど、自分に対しても言われているようにも感じて、色々と思うところがありました。大人ってこわーい。

 

当時は絵が細かすぎてうますぎてギャグが好きで種村有菜先生スゲーってなって読んでたけど、ストーリーもこんなにおもしろかったのですなあ。そして改めて読んだけどやっぱ絵がめちゃめちゃ細かくて上手すぎてびびる。目でかいけど。

単なる恋愛ものって全然共感できないんだけど、この神風怪盗ジャンヌは主人公と親、主人公と親友とのふくざーつな関係が描かれていて非常に好きです。ふくざーつだけどめっちゃ共感できるシーンがいっぱい。つか、親友の東大寺都の性格イケメンっぷりに惚れる。

 

こんなかんじで、神風怪盗ジャンヌだけでなく、大人の財力で近々結末を読めなかった漫画を色々読みたいなあ、、

 

 

と、思いながら最後まで読んでいたのですが

 

 

 

最終話まで読んで、どうもコミックスで買って読んでたっぽいことに気がついた。

 

おすすめです。

神風怪盗ジャンヌ モノクロ版 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

神風怪盗ジャンヌ モノクロ版 1 (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

自分の記憶力の無さに絶望する。まあ面白かったからいいんだけど。 

「 イ・オ・ン」と「かんしゃく玉のゆううつ」も面白かったなあ。やはり内容はほとんど忘れたが。

イ・オ・ン (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

イ・オ・ン (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 

かんしゃく玉のゆううつ (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

かんしゃく玉のゆううつ (りぼんマスコットコミックスDIGITAL)

 

 近々また読んでしまうかも。しかし、今月はジャンヌのせいでKindleで10冊以上買ってるので来月は我慢しよお…うっうっ。