読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLEにっき

音楽つくってます

偽装結婚と不法入国を疑われて強制送還された話

日記

とにかく疲れている。

とりあえずこの3日間の間に起こったことを書く。

 

アメリカに行ってきたんですが、LAの入国審査で止められました。

 

細かく説明すると本が一冊書けてしまうくらい長いのではしょって説明すると、偽装結婚と不法入国を疑われて入国拒否されて強制送還されてきました。合計34時間のフライトと14時間LAの入国審査の事務所?に拘束され疲れて死にそうです。

 

基本アメリカは90日以内の滞在ならビザ免除プログラムで入国できるのですが、2ヶ月以上の滞在(往復チケットあり)でも女一人で入国しようとしたら偽装結婚&不法入国を疑われて別室へ移動。

 

パソコンやらiPhoneやら見せろ言われて、メールをチェックされました。婚姻関係自体は証明できたのですが、強制送還を決定的にしたのが私と旦那のメールの内容。

だんな「君との生活のために新しくアパートを借りたよ」

この内容が送られてきたときに、私は「まじか。まあ一旦日本に帰るけど」と思いながらも、「さんきゅー。」って送ってしまったんですね。アメリカで会ってからいつ帰るか説明すればいいと思ってたんで。◯日に帰るわーってメールで送ったら「なんでよ!」っていうめんどくさい会話が始まりそうだったのでありがとーって返してしまったんですよ…。そしたら、このやりとりを見た入国審査官が、

 

入国審査官「旦那様はあなたがアメリカに渡ったらあなたとずっと住む気でいますよ。何故旦那様に日本に帰ることを伝えないのですか?何故嘘をつくのですか?」

私「会ったときに、日本に帰ることを説明しようとしていました。往復チケット持ってるのにだめなんですか?」

入国審査官「このメールの内容だとあなたがずっとアメリカに住むことになっていますよ」

 

 

 

 

 

何も言えねえ:;(∩´﹏`∩);:

私が日本に帰ることをきちんとメールで説明してれば入国できたっぽいですね。無念…!:;(∩´﹏`∩);:

 

 

ということで

往復チケットがあっても、私が日本に帰るという証明が出来なかったのでそのまま強制送還されてきました。&90日以内のビザ免除プログラムESTAの資格も剥奪。

 

カギ付いた部屋に閉じ込められてたので満足にトイレに行けないわ交感神経高ぶりすぎてLAでは水しか喉を通らないわ(ご飯食べたい人は食べれる。その神経がすごいw)飛行機乗っても精神的ダメージがデカすぎて機内食では水と果物しか摂取できず色々心身供にダメージをくらい過ぎてつら。