幸せになる方法は人それぞれだけど絶対に幸せになれない方法はある

怒っていたり悲しんでいたり、いつもキリキリしている不幸に見える人。そういう人達に共通するのはとにかく「被害妄想」が激しいってことだ。

 

「どうせ私なんて」

「私なんていなくなればいいんでしょ」

「私のこと嫌いなんでしょ」

 

人の気持ちなんてわかるわけがない。人の気持ちなんてわかるわけないのに、勝手に誰かが自分のことを

 

「嫌っている」

「陥れようとしている」

「騙そうとしている」

 

と思い込んだり、人のことを

 

「あいつは敵だ」

 

と思い込んだりする。

本当は心配してくれていたり、むしろ愛情の裏返しだったりすることもある。そしてただの無関心という場合もある。

 

「いや、態度で解るんだよね。」

 

って言いたくなる気持ちも解る。すごいわかるよ。いくら

 

「それはただの被害妄想だよ」

 

と言われても信じられないよね。だって結局はお互い腹の底で何を思ってるかわからないもの。

 

残念ながらいくら自分が好きでも嫌われることもある。どうしても謝らせたい人間から謝ってもらえないこともよくある。人の気持ちは絶対にコントロールできない。

 

人からどう思われようがどうでも良くない?

人から謝ってもらえないとかどうでもよくない?

自分の言うことを聞いてもらえないとかどうでもよくない?

 

悲しいけど誰もあなたのことなんか気にしていない。

みんな自分のことで精一杯なんだよ。

 

被害妄想で誰かを悪者に仕立てあげたって、「自分には敵がいる」って思い込んでいるかぎり、幸せにはなれない。

あなたが敵と見なす亡霊は消えない。

 

自分でコントロールできないところで怒ったり悲しんだり苦しんだって、コントロールできないんだから

 

「許せない」

「悲しい」

「苦しい」

 

は終わらない。

 

人の気持ちなんて目に見えないし、どうすることもできない。黒か白かじゃなくてすごく複雑な感情かもしれない。

 

目に見えない、どうすることもできないものは、さっさと手放しちゃった方が楽になれる。

 

「私が幸せになるのに、誰も関係ない。」

 

いつも誰かを敵に仕立て上げて悲劇のヒロインぶってた私からは以上です。