DTM作業中意外に使えるMacの内蔵オーディオインターフェイス

最近は外部のオーディオインターフェイスにつなげるのがめんどくさすぎて、Macの内蔵オーディオで結構な作業まですすめちゃいます。

 

んで、仮の仮歌みたいな歌を入れるときはいちいちインターフェイスつなげてマイクつなげてファンタム電源入れて…みたいにやってたんだけど、先日モニタリングをオンにした状態でDAW立ち上げたら、

あ、そっかMacにマイク標準で付いてるんだから仮の仮歌とかこれでいいじゃんか。っと思いついてそのまま内蔵オーディオインターフェイスのマイクのまま作業したら楽すぎてたまげました。

 

別に音質悪すぎて聞こえないとかは無いし、仮の仮歌とかぜんぜんこれでいけるわ、って思いました。

 

私は歌入れるとき、机にPC、椅子の真横にマイクを置いて作業してるのですが、わざわざ横向かなくて良いのとマイクの位置を気にしなくていいのがすごい楽です。

iPhoneに付属のイヤホンで仮歌入れたときあったけど、あれよりもはるかに楽ですな。ほとんどコードレスみたいな状態だから。

あ、もちろんヘッドフォン自体はします。モニター用とトラックの音拾わないように。

 

皆様も作業効率化に内蔵オーディオインターフェイスの活用をしてみてはいかがでしょうか。