毎日のタスクとかやることリストとか完璧に達成できた日なんて1日も無い

下書きが苦手だ。

 

何の下書きかっていうと、ブログの下書き。

ふとした瞬間に色々思いついてメモ代みたいなかんじでキーワードをいくつかぽんぽんぽんと打って後でちゃんと記事にしよーと思って下書き保存するんだけど、そのほとんどがお蔵入りになっている。

 

95%くらいまで完成して、あとはリンク貼るだけ!画像貼るだけ!みたいな記事以外は、公開されることはまず無い。

その瞬間の"気分"的なものに流されながら日々ダラダラと生きているせいなのか知らないけど、10こくらい下書きが溜まっててももう開くことすら面倒臭くなって全て削除することが多い。

 

たまには下書きからちゃんと完成させようとしても、ぜんぜん気分が乗らないし、たまにやる気出して30-40%くらいまで書いてみても、その後に続く文字が書けなくて固まって終わる。

 

あとは、

タスクやることリストみたいなやつも苦手だ。

私が「毎日のタスク」とか、「今日やるべきこと!」とか気合入れて作ったとしても、それらのタスクが完璧に達成できた日なんて1日も無い。

今振り返ってみたら自分にゾッとした。

 

んで、なんでこんなメモとかタスクとかぜんぜん従って行動できないんだろ?って考えたんだけど、たぶん、メモとかタスクとか作った時点で

全て楽しくなくなる

ってのが原因なのでは無いかと考えた。メモとか作った時点でメモそのものに満足とか安心してしまうってのもある気がする。

 

だいたい、やることリストとか書き出して消去してくとかチェックつける、とか、手段が目的と化している気がするんだよね。私には。

 

たぶん、やることリストとか書き出してそれを消化しようとする時点で、物事そのものを楽しめなくて、義務になってしまってるんじゃないかな。

義務化した途端にすぐ楽しめなくなってしまう。

それよりも、自然に物事を楽しんで、振り返って、「こんなとこまで来てしまった…///」の方が大事だと思う。

 

ってことで、私みたいなめんどくさい性格の人はタスクとかやることリストとかって、書き出すだけ無駄なんじゃないかなあと思う今日このごろです。

(締め切りは大事!!)

 

 

単に自分がマルチタスクのバリバリ仕事人とは対極にいるってだけかもしれませんが…。。