スクワットについて

さてさて。筋トレの中で一番大事なトレーニングと言っても過言では無い!

スクワットー!!


【筋トレ】スクワットの正しいやり方とよくある間違いを詳しく解説! - YouTube

基本はこの動画通りやれば全く問題ないかと。

 

ざっくり注意点は以下の通り。

 

注意点

ついつい楽なので前かがみになってしまいますが、スクワットの正しいやり方は、背中を丸めないことです。

膝がつま先より前に出ないように気をつけることも重量。

呼吸は、しゃがむときに息を吸い、立つ時に息を吸い込みます。

 

10RM✕3を自重(器具を使わず自分の体重だけ)で半年くらいやっていると、スクワット自体がけっこう簡単になってきます。飽きてくる&もっと筋肉を増やすためには負荷を上げる必要があります。ジムのフリーウエイトのコーナーだったりバーベルがあればそれで負荷をかけるのが一番良いですが、私はなんせ引きこもり。できるだけ外に出たくない。

 

自宅でできるスクワットの負荷のかけ方

①膝が伸びきる前にしゃがむ

 

②片足ずつのブルガリアンスクワットをする

 

③何か荷物を余計に持ってスクワットする。

 

④チューブで負荷をかける。


☆チューブ・トレーニング/ 脚 スクワット Squat /Workout - YouTube

 

⑤犬を抱きかかえてスクワットする。

トレーニング時の孤独感も紛れ、ほわほわできもちいしかわいい。一番のおすすめはこれ。