音の抜けが悪いトラックの対処法7つ

ミックスしてると、もうちょいこのトラック目立たせたいんだけど、なかなか抜けが悪い…コンプで圧縮はしてるけど、コレ以上ボリューム上げると歪むし…ってときの対処法をいくつか紹介します。

 

1,ゲインを下げられるトラックがないか探す。

まずは、邪魔になってるトラックを見つけ出す。作業してて知らぬ間に歪んでるトラックがいくつかあるのでちゃんと適正な値に戻す。

 

 

2、コンプレッサーを使う

何はともあれまずはコンプ。潰して音圧をゲットしよう。

Cubaseのコンプレッサーはスレッショルドとレシオで音を作った後にMake-Up(アウトプットゲイン)で音を大きくすればおっけー。

f:id:HYLE:20140712015154p:plain

 

 

3,マキシマイザーを使う

コンプのアウトプットゲインのツマミで足りなかったら、お次はマキシマイザーで音圧を稼ぐ。

 

4、近い周波数のトラックを探して音を下げるかイコライザで役割を明確に分ける

例えば、ベースのローとキックのローの周波数がかぶってると、どっちも抜けずに中途半端な音になる。

抜けん〜と思ってEQ見ると、だいたい周波数かぶってる。

この場合、ちゃんとベースとキックの周波数の役割を明確にする。

ごん太ベースにしたい場合は、ドラムよりもベースの周波数のローを上げる。

よく歌が抜けない場合はピアノとかシンセのミドルに周波数が集中してるやつのボリュームを下げると歌が抜けやすい。

 

5,そもそも音を差し替える

EQいじって役割を分けたはずなのに、それでもなかなかお目当ての音が抜けない場合。そもそも音を差し替えてみる。結局出音なんですよ全ては!!!

私は基本リズムトラックとベーストラックはMIDI打ち込みなのですが、キックとか、作ってるうちに気がついたら埋もれてて、ベースのEQもキックのEQもちゃんと差別化したはずなのに被るばあい、そもそも音を差し替えるべき。それだけでいきなりはっきり聞こえる。

 

6、リバーブをかけてみる

ローを削った音で、周波数はかぶってないのにごん太ベースにかき消されてしまう音の場合リバーブをかけてみると解決する場合がある。

私はよくボーカルのローをばっさりカットしてシャキーンっていう感じの声を作るのですが、この場合の抜けない感は半端ない。そこで、センドで送ったリバーブの値を軽く増やすと、ゲインはいじってないのに、歌が抜ける。

 

7、左右にパン分けしてみる

コーラスとか抜けね〜って思ったらまず左右に振ってみる。それだけでいきなり抜ける。しかも、コーラスとボーカルの区別がついてボーカルまで抜けてくれる。

 

以上、7つの方法でした〜。

同じ周波数に音が集中したり、中心に寄り過ぎるミックスが目立たせたい音の抜けが悪くなる原因なので、この2つに注意しながらミックスしてく。

 

 

Native Instruments 音楽制作パッケージ KOMPLETE 9

Native Instruments 音楽制作パッケージ KOMPLETE 9