読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HYLEにっき

音楽つくってます

貧乏人の為の旅行節約術vol.1

 

ってことで、ちょっと私の貧乏旅行節約術を紹介しようかしら。

 

1.キッチン付きのホステルorゲストハウスに泊まる

まずは泊まるところ。これは言わずもがなホステルorドミトリー。

だいたい1000〜2000円のとこに泊まる。さすがに1000円切るとベッドが硬すぎた経験もあるが。まあ探せば1000円〜2000円でいけるんじゃないでしょうか。アジアならもっと安いかもね。自炊のために、絶対キッチン付きで。

 

2. 食事は全て自炊

一部アジアの極端に屋台とかが安い場合を覗いて、やっぱ自炊は最強だと思う。着いた日か翌日にはまず最初に食料の調達場所を確保しましょう。私は野菜食べないと気が狂いそうになるので3日くらいおきに買いに行ってた。意外に経済圧迫してくるのが昼食だったりするので、一人で街をふらつくときは弁当も作るよ\(^o^)/場所にもよるけども、だいたい最初に炭水化物込で1000円〜1300円くらいの買い物して、あとは3日おきくらいに700円〜1000円以内の買い物的な感じかなあ。超アバウト。作りすぎた食事や余った食材は誰かにあげよう\(^o^)/

 

2. 移動は公共機関を使う。

NO!タクシー!がんばってバスか電車か船を乗りこなしてやりましょう。タクシーは上陸した日に使う以外基本使わない。

 

3. 友達を作る

多分、一番、最強にコストカットをできるのがこの方法。コミュ力によっては食費も移動費もまるっとごっそりカットできる可能性を秘めている。ホステルとかドミトリーとかに一人で泊まってると、働いてる人、ボランティアのスタッフ、一人旅の人やら色々いるので、友達ができる。友達ができると、食べ物を恵んでくれる。多分一日0円だった日もあったはずw

あとは、一緒に遊んでくれる。しかも、本当に金がかからない方法で。現地の人じゃなくても、現地の人と友達になった友達がいるだけで、それは可能だ。奢ったり奢られーとかの次元じゃない、誰も犠牲にならない方法で。友達最強。

 

因みに海外の場合、英語が全く出来ない私でも、上記のように作りすぎた食事や食材、飲み物、お菓子をあげたり、貰ったりするだけで、それがきっかけになって仲良くなったりする。シェア最強\(^o^)/

あとは、基本みんな最初は「Where are you from?」って話しかけてくるので、まんまパクって自分でも「Where are you from?」って言ってみようー!

 

Googleの翻訳機能を使って会話したり、ほんと英語はひとつのツールにしかすぎなくて、意思疎通する方法はいっぱいあるんだなーって思います。ていうか親日には日本語でしゃべると喜ぶからガンガン日本語使ってくべし!!親日じゃなくても日本語を教えてこっちのペースに巻き込め!!\(^o^)/

 

別にホステルとかドミトリーで友達できなくても、街を暇そうにふらふらしてると話しかけたりしてくる人がいるので、いかに暇そうにしてるかが重要だと思う!!(明らかにやばそうな人に絡まれたら逃げるべきだけど!)

そこから友達の友達みたいなかんじで人ん家に行ってご飯をごちそうになったりしーの、街案内してくれーのみたいなかんじで。

 

そんな感じで旅をしてるとですね、毎回現金で持ってった予算の1万円以上余るからすごい。