iPadをMIDIコントローラーとして打ち込みに使った結果

相変わらず持ち物をどんどん減らしていってるんですが。

最近自宅作業も飽きてきたことだし、DTM環境もコンパクトにしてどこでも曲作れるようになってみようかなと企んでみた。

 

うん、ノマドってみよーかなと。

 

今までも、選曲仕事の編集とか、あまりにも家作業が辛すぎたときはファミレスとかルノアールにお世話になってました。

 

んで。

Cubaseのなかのバーチャルキーボード使ってたんだけど、むずすぎるwww

全く慣れなかった。

 

そこで、持ち運び用のちっさいMIDIコントローラー買おうかなあと悩んでまして。

久々の物欲。

 

と、思いきや。

iPadあるじゃん!

とひらめいて、iPadMIDIコントローラーとして打ち込みに使えるか実験してみた。

 

MIDIインターフェイスを買うのがめんどいのでWi-Fiで繋いでみました。

 

iPadでワイヤレスMIDI入力!ってなんか近未来でどきどきわくわく。

 

このサイトを参考にしました〜

|||Handy |||Harp Official Website

 

 

結果

うん、めっちゃ打ち込みし辛いwwww

 

うおおおお鳴ったあああああー!!!

RECできてるーーーー!!!!

と、感動したけど、打ち込みし辛い&レイテンシーがどいひーので実用的では無かったというオチ。

バーチャルキーボードとぜんぜん張り合えるくらい打ち込みし辛い。

 

まあ、ドラムパッドとしてなら全然使えそう。そういう人はこーゆーの買っといたほうがいいですね。 

 ワイヤレスはやっぱまだまだレイテンシー問題があってあんまし便利じゃないかも。

 

鍵盤奏者出身の人間は大人しくハードのMIDIコントローラー買った方が良さそうです。

いやそれとも今更マウス入力の修行の旅に出るか…いやそれはめんどくさいか。

 

つーか最初から普通にiPadのシンセで弾きやすいか弾き辛いか実験すれば早かったわ。

ごーん。