オーディオインターフェイスが故障する原因

はあ。

インターフェイスから謎のノイズが溢れ出る病でしたが、

やっぱ故障ぽかったです。

 

よくよく考えてみると、コンデンサーマイクを使うようになってから調子が悪くなった。

なので、原因はコンデンサーマイクぽいです。

 

ファンタム電源を入れっぱなし、または電源を切っても1分以内にケーブルの抜き差しをすると、プリアンプが壊れてしまうらしいです。

 

ファンタム電源って、スイッチを切っても1分ちかく電圧が落ちないらしい。

 

プリアンプによってこの問題に強い弱いがあるらしいのですが、私の持ってるインターフェイスちゃんは弱かったみたいです。

 

と、この辺の機材に詳しい歩く辞書みたいな人から教えてもらいました。

いろはスタジオの林田さん。

 

林田さんがやってるシンセのサイトもおもしろいのでゼヒ。

proun.net

 

お気に入りのインターフェイスだったのに、自分の管理がズボラすぎて反省。

せっかくプロ仕様だったのにー!

 

今、楽器屋さんから修理できるか回答待ちです。

 

修理できなかったら新しいの買おうと思ってます。

 

 これか

 

これ

 

で迷ってて、守尾パイセンにアドバイスを貰ったら、シーケンスと揃えた方が良いとの事。

私はcubase使いなので、ほいじゃsteinbergにしよーと思ってカートに入れようとしたら、なんと来年発売だった…。。

 

ううう。

まあ1月発売だからあともう少し待てば買えるか。

 

でもNative instrumentsのkomplete audio6も、cubaseのソフトがついてきたりするみたいなので、steinbergとNI の相性もいいのかもね。まああとは気分で決めよう。すぐ欲しかったらNIにするかも。

 

もう一人尊敬するエンジニアに相談したんですが、

インターフェイスの相談をしてるのに延々と

「komplete 9」買っちゃえ!」

ってクソバイスしてきました。

komplete 9持ってるしそれソフトシンセっす。

アウトが8個の欲しいって言ったから私が大量の外部音源で鳴らしてると思われたんだろか。

今は一個も外部音源持っとらんですよ。

最終的に

「正直、デザイン」

と、音と全く関係ないアドバイスを貰えました。

まあ、ある意味素敵なアドバイスだけど笑