リップノイズは悪なのか

リップノイズについてのお話。

 

宅録やってる人とかレコーディングやったことあるボーカリストの方ならわかるかと思うんですが、リップノイズの概要についてちょっと説明しますね。

 

リップノイズとは

コンデンサーマイクとかでボーカルを録ったときに入る、口の中の「ベチャッ」とか「ピチャッ」とした感じの残念なノイズのことを言います。

ラジオとかでもよくリップノイズ入ってる方いますよね。

 

普通のレコーディングした音源では基本このリップノイズは取り除きます。

私も極力リップノイズ取り除いているつもりですがトラック作りから動画編集まですべて一人でやってるため、たまにYouTube上げた後に「あ、リップノイズ取るのわすれた。しにたい」って感じのことはよくあります。

 

大昔スタジオでレコーディングしてたときはエンジニアさんは基本リップノイズは取り除いてるし、変な場所にリップノイズ入ったときはすぐさま録り直し言われてたので長らく「リップノイズ=悪」だと思っておりました。

 

んで。

相も変わらず「久保みねヒャダこじらせナイト」をFODで狂ったように観てるんですが、その中でCharaさんがゲストだったとき、Charaさんご本人が「リップノイズは多い方…でも活かしてます」「グルーヴ作ってるかなって思って」って言ってて目から鱗が落ちました。

 

リップノイズをそんな視点で考えたことなくて、かなりのカルチャーショック。

すべてのリップノイズを残す必要は無いかと思いますが、あえて活かすっていう考え方良いなあ。

Charaの音楽聴いてて「リップノイズうるせえ」って思ったこと無い。

この動画を観てから改めてChara曲聴いてみるとほんとにリップノイズ入ってる!

www.youtube.com

タイムマシーンとか。はあいい曲。

 

リップノイズ入らないように入らないようにって気をつけて歌うより、むしろ活かしてやる!って歌うほうが全然かっこいいかもしれない。

 

リップノイズ残ってしまってもそこまで落ち込む必要も無いのかもしれない。まあ、私の場合は意図的に残してるわけじゃないのでただの残念なミスなんですけど。

 

ちなみにCharaさんがゲストで出た回の「久保みねヒャダこじらせナイト」では、あらゆる曲をCharaっぽく歌うChara選手権とかいう遊びをやってて本当におもしろいのでFOD入ってる方はぜひ観てみてほしいです。

fod.fujitv.co.jp

リップノイズについて語っているのはこちらの動画。

fod.fujitv.co.jp

今回使用したボーカルサンプル

今回のこの曲

www.youtube.com

 

で使用したボーカルサンプルはこちら

↓↓↓

looplicious.com

 

ありがたいことに無料です。ボーカルサンプル探してる人はぜひ視聴してみては。

私的にとてもエモい女性ボーカルの声でとても良かったです。

今回はほんの一部しか使ってませんが、他にもいろいろ良さそうなサンプルがあって嬉しかったです。またなんか曲思いついたら使ってみよ。

久々にボーカルサンプルであたらしい曲作った

またもやオリジナル曲作りましたのでぜひ聴いてみてください。

www.youtube.com

 

今回の曲は、完全にわかりにくく一般受けを完全に無視した曲。笑

久しぶりに他人のボーカルサンプルを使って作ってみました。たのしかった(こなみ)

 

映像はFKA twigsっぽいの作ろーって思って。というか頭の中にまんまこれが浮かんできたので頭の中からそのまんま取り出してみました。編集がダルかっためんどくさかった。まあでも完成するとそのだるさが一気に吹っ飛びますね。いつも完成直前まで

「うおお疲れる…」ってなるのに、完成したら疲れが全部消えます。なんなんだろね。ものづくりの楽しさってこーゆーとこよね。

どこまで作り込んでいいか迷子

いいかげん自分の歌を入れるのに飽きたので、著作権フリーのボーカルサンプルを適当にダウンロードしてスライスして、ちょっとインストっぽい曲を作ってます。

もう8割くらいは完成したのですが、どこで作業を終わらせていいのか非常に迷います。

歌を入れないとなると、

Aメロ→Bメロ→サビ

みたいに歌用のメロディをたくさん考えなくていいし、歌詞も考えなくていいし、歌詞に沿ってメロディ足したり引いたり、逆にメロディに沿って歌詞を足したり引いたりしなくて良くて、非常に楽なわけです。

あとまだミックスの段階まで来てないですが、基本DTMやってる人ってミックスしつつ同時に打ち込み作業する的な面があるじゃない?

んでさ、やっぱボーカルが入ってないと、ミックスって楽だわ。

 

さらに、歌わなくていいからレコーディングもしなくて済む。わざわざ歌って、ピッチ編集して、ハモリ作って、さらに編集して〜エフェクトかけて〜みたいな作業も無い。(あ、でもサンプルはいじったからこの作業はちょっとやった)

 

うん、楽なんですわ。全体的に。

 

楽だからこそ、これでええんか…?ってなる。

どこまで作り込んでいいか迷子です。

 

歌が入ってないとやっぱり単調だし、でもこの単調な感じがずっと続いてく的な感じでもいいよな…?とも思うし。

やっぱり歌って簡単に盛り上がるんだなあ、って。歌ものってそんなにアレンジ能力なくても勝手に盛り上がるから、やっぱりインストはインストで難しい。

 

結果、みんなそれぞれ難しい><ということでしょうかね。

 

これからはインストっぽい曲もたくさん作ってこーかなーって考えてます。DJ楽しかったので、自分がDJで自作曲流すとすると、さすがに自分のボーカルばっかり流れてくるのはうざいので。かっちょいいインスト大量生産できるようにがんばります。

あと、エモい女性ボーカルと男性ラッパーがほしい。連絡とかスケジュール管理するのがめんどくさいから、すぐにレコーディングできるよう隣に住んでてほしい。

スタジオでレコーディングできない理由

世の中にはインディーズの方であってもしっかりスタジオでレコーディングしている方々も多いですよね。

基本私のアカウントに上げてるやつはほとんど宅録なのですが(ごくたまーーーにリハスタで録ることもある)、もっと音質を上げるためにスタジオでボーカルだけレコーディング〜とかしたほうが良いかと思うんですがいかんせん宅録が最高すぎて家から出たくない。

 

宅録の何がそんなに良いかっていうと、一番は「どんな服装してても良い」という点です。

外出するとなると、ある程度社会に馴染む服装をしなければならない。

靴下とかストッキングとかブラとかタイツとかスキニーとか腹ゴムの入ったスカートとかズボンとかとにかくピタっとした服とかピタっとした服とかピタっとした服とかの全部が無理です。

 

あと、顔に化粧がついている状態もものすごく違和感があってつらい。

他にも、

 

空調→すぐに調節可能

空腹→すぐに食べ物摂取可能

集中力切れ→すぐに寝れる

 

 

ということで宅録は最高なのである。

 

宅録する時は基本パジャマ、部屋着である。ほんとにまじでゴミみたいな格好してる。でもそのゴミみたいな状態が、集中するのに最高なんだよね。

 

一応外に出てレコーディングするとなるとあまりにもゴミすぎる格好はしたくないのですよ。

 人並みに人並な格好をして臨みたいわけです。

「音質のために、ゴミみたいな格好でも気にせずスタジオで録ればいいじゃん」みたいな意見もあるでしょう。

私も一度やってみました。

上下ジャージにすっぴんで臨んだこともありますが、いろいろ察してしまいましてね(遠い目)女性はやはり外出する時はいろいろ気使うべきだなと。コンビニとかはゴミみたいな格好でも気にしないけど。

それなりに他人とコミュニケーション取る前提のときは、いろいろ気にした方がいいなと。

 

そもそも私は寝起きに白米突っ込んだ状態が一番声出るし。

 

ということで未だにレコーディングするためにお家から出られない。

はやく自宅にボーカルブースほしいな。

Beats mixrを買った[レビュー/口コミ]

もう生産終了してしまったヘッドホンですが、Beatsのmixrを買いました。

f:id:HYLE:20180318230329j:plain

DJ用らしいです。

 

そう、DJやってみたいなーって思って。

Traktor(PCDJ用のソフト)は持っており、MIDIコントローラーでなんちゃってDJをやっていたのですが、PCDJにそれほど楽しみを見い出せず。現在のところTraktorはBPM解析用にしか使っておりません。

やっぱPioneerのでかいCDJをぐりぐりやりたいなーと思いましたので、まずはヘッドホンから買ってみました。

 

 

青と水色、最後までめっちゃ迷ったけど水色にしてよかた。とてもかわいい。

青もかわいいよねえええ。

 

音もとても好きです。

元々はどんしゃりなshureとか好きだったんですが、DTMのモニター用にshureは無いやろ、と思い、sonyのあのモニター用ヘッドホンは見た目が嫌いすぎで、なんかフラットな感じのないかなーって探してbeatsを見つけました。見た目のかわいさにもやられました。かわいさ補正入ってる気がするけど、ちゃんと中域までしっかり出てるのでモニター用に良いと思い(込んで)ます。

んで、ずーーーーーーーっとbeatsのイヤホンを使ってたらbeatsの音にはまってしまったわけです。

 

今回、近くの電気屋さんにbeats mixrが売っておらず試聴できなかったのですが、やはりちゃんと中域が出てしかもかっちょいい音で非常に気持ちいいです。DTMのモニター用としては盛りすぎな良い音かなーって感じるのですがなんせ気持ちいいのでDTMにも使っちゃってます。(ミックスの時には使わないようにしとかんとな…)

 

今回電気屋さんに行った時、beats mixrは試聴できなかったんだけど、他のメーカーのをいくつか視聴してみました。そしたらどんしゃりすぎたりして「耳いてー」となり、その後beats mixrが届き、使ってみたらほんとbeats良い音でびっくりした。

やっぱり中域がしっかり出てるよbeatsは。うん。

 

ケーブルも左右付け替えられるし便利。ただ、DJ用というだけあってかなり左右の締め付けがキツいです。私はぶっちゃけ長時間つけてられないですが、かわいいので休憩しつつ普段使いもDTM使いもしてしまいます。かわいいは正義。

 

DJする気がないひとは普通のbeatsでいいと思います。ワイヤレスとかいいよねー。

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドホン Studio3 Wireless Bluetooth対応 密閉型 オーバーイヤー ノイズキャンセリング マットブラック MQ562PA/A 【国内正規品】

ワイヤレスもほしいんだけど、ヘッドホンはさすがに2つはいらない…。

 

 

 

このbeats mixr、生産終了しているからか、元々は3万以上するのですがビックカメラの楽天の店舗で1万円台で買えました。わあい😊

値段はカラーにもよるだろうけど、派手目の色は安くなってるようです。

シンセのリード音を和音で鳴らす方法

ものすごく恥ずかしいんですが、今までリードの音を和音で出す術を知りませんでした(^v^)

 

リードっていえば、単音でみょーんって音が出るというイメージしか無かったのですが、ふつーーーに和音も出せるんですね。

 

モノフォニックとポリフォニック

単音しか出せないのを「モノフォニック」、和音が出せるのを「ポリフォニック」というんだそうな。んで、シンセの中ではモノフォニックは「mono」、ポリフォニックは「poly」と表記されてます。

Native Instrumentsのソフトでは、音を選ぶ時にmonoとpolyで分類されてます。

f:id:HYLE:20170617005616p:plain

リードの音色を選んだ時に、上から

・Classic Mono Lead

・Classic Poly Lead

・Sync Lead

 

と並んでるので、単音のリードを鳴らしたい時はClassic Mono Lead、リードを和音で鳴らしたい時はClassic Poly Leadを選びます。Massiveだけじゃなくて、AbsynthとかFM8もこんな風に分類されてるので選びやすいです。

 

 

あれ、ここまで知らなかったって書いたけど、ものすごくはるか昔にこのモノフォニックとポリフォニックの言葉人から教えてもらった気がするww

たしかその時はリアルシンセを触ってて、シンセ自体に「mono」と「Poly」の切り替えスイッチがありましたね。ソフトシンセもどっかに切り替えスイッチがあるはずなのですが、探せなかったw見つけたら追記しておきますかね。