【Cubaseユーザーによる比較】「Cubase」 vs 「FL Studio」

Cubase7.5でついにいろいろ不具合が出てきたのでここらで一発アップデート!の前に、気になっていたDAW、FL Studioとの比較をしてみようと思い立ちました。

f:id:HYLE:20190115233828p:plain

 今回比較するのはFL Studio 20とCubase7.5(古いね〜)

 

FL Studioは太っ腹なことに、ほとんどの機能を試せるトライアル版があります。

ダウンロードはこちらから↓

www.image-line.com

よくあるDAWのトライアル版は1ヶ月とか期限がありますが、FL Studioは期限も無し。あらゆる書き出しもふつーにできる。じゃあ何が逆にできないのよ!?と不安になりましたが、トライアル版で保存したデータは製品版じゃないと読み込めないらしいです。ほへえ。

 

ということで、とりあえずMIDI打ち込み、オーディオ録音できるレベルまでお試ししてみましたので、CubaseとFL Studioの比較をしていきたいと思います。

 

ちなみに、sleepfreaksさんのサイトのこのページを1から順に勉強してけば普通に1日で打ち込み&レコーディングできるまでになりました。ありがたや。

sleepfreaks-dtm.com

 

見た目はFL Studioの圧勝

まずはUIデザインから。FL Studio、立ち上げた瞬間全部英語表記に面食らっていきなりやる気が削がれました笑

f:id:HYLE:20190115221506p:plain

日本語表記にできないのかな?と思って調べてみましたができないとのこと。クソが。

でもぐぐりながらやってけばぜんぜん理解できるレベルです。ちょっと慣れれば何も気にならなかったです。ていうか日本語が無いから正直デザイン面はFL Studioの圧勝。Cubaseよりおしゃれ。

 

リズムパターン作るのがめっちゃ楽

FL Stuioには「チャンネルラック」という特有の概念があります。

f:id:HYLE:20190115221640p:plain

簡単に説明すると、MIDIトラック追加したらデフォルトでキック、クラップ、ハイハット、スネアの音が割り当てられてるソフトシンセが立ち上がって簡単に音の差し替え&打ち込みができる、といった感じでしょうか?

 

まあCubaseだと超シンプルなGrove Agentみたいなやつがさくっと立ち上がる感じです。もしくはNI社の小さいBattery4的な。ピアノロールだと見辛いのでこのUIはかなりリズムパターンのMIDI打ち込みがやりやすいです。

 

最初からキック、クラップ、ハイハット、スネアの音が割り当てられてるのも、ダンスミュージック作ってる人からすると「わかってんな〜」みたいにさくさく作業が進むことでしょう。

 

まあでも私の場合はCubaseでこういうテンプレート作ってるので(Battery4使って)正直テンプレート作れる人からするとFL Studioじゃなきゃ!みたいな機能ではないです。

 

MIDIトラックを簡単にバラバラにできるのがめっちゃ楽

今回一番FL Studio触ってみて「いいなー」と思った機能がこれ。MIDIトラックを各パートごと簡単にバラバラにできる機能。例えば、1つのMIDIトラックでキック、ハイハット、スネアを打ち込んだら、それぞれの音はミックスの際はバラバラにしますよね?Cubaseの場合、トラック複製して余計な音消して〜とか、他のトラックを作ってからMIDIをコピペして〜とか、めんどくさい手順が必要です。3つのトラックに分けたい場合は3回分やらなきゃいけないし。これがですね、FL Studioだと、一瞬でトラックをバラバラにできます。さっきのチャンネルラックってやつでリズム作ると、

f:id:HYLE:20190115221640p:plain

たった2クリックでキック、クラップ、ハイハット、スネアのトラックが吐き出されます。これには大感動。名前もいちいち自分で記入することなく「kick」「Clap」みたいに文字入りで吐き出されるのでほんとうに楽。

 

ノートの「削除」がめっちゃ楽

Cubaseの場合、消したいノートがあったら「Delete」キーを押せばいいので既に楽なんですが、FL Studioの場合はさらに楽です。右クリック一発です。私はトラックパッドなので2本指タップで一発です。これはとても楽だと感じました。

 

と、ここまではFL Studioの良い面ばかり書いてきましたが、ここからはちょっと気になる面も書いていきます。

 

いちいちミキサー触らないといけないのがめんどくさい

オートメーションの書き始めに、いちいちミキサーを触らないといけないのが正直かなりめんどくさいです。Cubaseなら一瞬でオートメーション書けるのにとイライラします。

エフェクトの編集も削除もいちいちミキサーからやらなきゃいけないのがかなりダルいです。

そしてなんとオーディオ録音もミキサーを一回触らんといかん。めんどくさすぎや。

 

数値を入力できないのがきつい

例えば、BPMを変更する場合、いちいちスクロールして数字をあわせなきゃいけないのがすごくめんどくさいです。BPM128の曲を作りたい場合、130からマウスでスクロールして128までさげなきゃならんのです。Cubaseの場合は128って入力すればいいだけなのでめっちゃ楽。他にも、いちいちCubaseっていろんなところで細かい数字を入力できるじゃないですか?それがFLはできない。直感的なUIなのがウリっぽいけど、数値入力に慣れた人間にとっては数字を入力できないのがめんどくさすぎる。数字に慣れてると、直感的なインターフェイスは感覚だけに頼る感じで不安になる。初心者ならいいかもだけど。

 

ピッチ補正がめんどくさい

Cubaseの場合、波形をダブルクリックしたらすぐにVariAudio(Melodyneみたいなやつ)が立ち上がって即座にピッチ補正が可能ですよね。FL Studioにも同じく似たNewToneってやつがあって編集自体はVariAudioと同じように楽なのですが、プラグインとして機能するのでこれまたいちいちミキサーからプラグインを指して使わなきゃいけないのでめんどくさすぎて死ねます。Cubaseだったら波形ダブルクリックするだけなのに…。

 

Macでの解説が少ない

Macで使えるようになったのは最近なので、ネットに落ちてる基本的な情報はWindowsでの解説になります。Windowsユーザーなら問題無いかと思いますが、Macだとこれが地味にストレス溜まる。日本語の情報も少ないし。

 

結論

Cubaseの圧勝ですかね…。リズムパターンを作るのは本当にFL Studioは楽だなーと感じました。MIDIトラックを瞬時に複数トラックに分けられるのも、Cubaseには無い機能なので感激しました。でも、CubaseならBattery4と組み合わせればテンプレート作って同じようなことはできるし、わざわざこの機能のためにFL Studioに移行はちょっと…て感じた。

 

FL Studioはとにかくリズムトラック(MIDI入力に限る)を作るのが楽。

 

でも別に今時リズムトラックってMIDIだけじゃなくてオーディオサンプル使う人も多いだろうし、いろいろ触ってみたらCubaseのほうがよっぽど直感的なインターフェイスだと感じた。だっていちいちミキサー触るのめんどくさいんだもん。何かアクションするごとにミキサー経由しなきゃいけないのはだるすぎる。

 

リズムのMIDI入力よりも、ミックスに費やす時間とかオーディオ編集に費やす時間とかのほうが長いので、そっち方面がめんどくさいFL Studioはきつい。

 

Cubaseは高いだけある

Cubase、高いだけあるわ。

ユーザーから金むしり取ってるだけあるわ。

DAWなんてどれも慣れれば同じと感じてましたが、こんなにも違うもんかとびっくり。

 

ということで、FL Studioの値段に釣られずこれからもCubaseを愛用することにいたします…。

 

じゃあどういう人に今FL Studioはおすすめか?と言ったら 、

Windowsユーザーで、これからの予算を抑えたく、かつループもののクラブミュージックを作りたい人、かなあ。うーん。かなり限定される。クラブミュージックって書いたけど、オーディオ扱う予定ならFL Studioにするメリットはあんま感じないな。

なんかFL Studioの悪口みたいになってしまった笑

でもやっぱCubaseは高いだけあってやっぱ高機能なんだなあと思った。見た目はFL Studioのが好きだけど。

Cubaseシリーズ9以下はMac OSをMojaveにするの要注意

はーやってしまった…。

 

私はMacでCubase7.5を動かしているのですが、先日MacにMojaveをインストールしてからついにCubaseが正常に動作しなくなってしもた。

 

私の場合、一度Mac OSをクリーンインストールしてからCubase7.5を入れたのですが、MojaveにCubase7.5をインストール自体はできます。

 

ぱっと見インストールできないんですけど、Yosemite以降のOSでは以下のツールをダウンロードすることでインストールできるようになります。

www.steinberg.net

 

64bitのVSTソフトシンセが使えなくなってた

Cubase7.5自体は普通にインストールして普通に使えるんですけど、一部サードパーティ製のVSTソフトシンセが使えなくなってました。

 

前回Natige Insturmentsのアプリがさくさく入った!と感動していたんですが 

hyle.hateblo.jp

エフェクターとかは使えるんですけど、ソフトシンセが使えなくなってました。 

 

なぜか、Cubase7.5が32ビットモードでしか立ち上がらなくて。

 

Cubase7.5が32ビットモードでしか開けないMojave

基本、Cubaseって64ビットモードと32ビットモードどちらでも開けるようになってます。んで、例えばNative Instrumentsのソフトシンセも、64ビットモードと32ビットモードどちらでも開けるようになってます。

 

今までは、Mac側でアプリの「情報を見る」ってとこから「32ビットモードで開く」のチェックマークを外せば、62ビットモードと32ビットモードの切り替えができるようになってました。

 

が、Mojaveにしてからこの「32ビットモードで開く」の項目が消えてて。

f:id:HYLE:20190115171424p:plain

 

そして、普通にアプリを開くと勝手に

 

Cubase7.5→32ビットモードで立ち上がる。

Native Instrumentsのソフトシンセ→62ビットモードで立ち上がる

 

ため、

Cubase側を62ビットモードにできないし、ソフトシンセ側を32ビットモードにすることもできません。

 

 

 

 

 

詰んだ。

 

一応CubaseにもとからついてるHALionとかGroove Agent、Padshop、Prologueとかは使えるんですけど、YAMAHAのピアノとスネア以外はクソみたいな音だなと感じてるので(失礼)サードパーティ製ソフトシンセ使えないのは私にとって致命的。

 

Steinberg公式サイトに行ってみたら、Cubase7.5のMojave対応については何も書かれていなかったので、どうやらサポート対象外っぽいです。

対応状況 | Steinberg

Cubaseシリーズの9以下については何も書かれてなかったのでCubase9以下の方はMojaveにするの要注意。

 

FL Studioに乗り換えようかなあ

まあ私みたいにクリーンインストールしなきゃ大丈夫なのかもしれませんが、今後Mojave以降では32ビットモードアプリは使えなくなるし、ここらでそろそろSteinbergにお布施(アップグレード)しといたほうがいいのかもしれませんね。

 

お布施を先延ばし先延ばしにしてきましたがここらで限界っぽい。

 

あー、ほんとCubaseって金かかるわ。FL Studioにしようかな…。FL Studioなら一度買ったらそれ以降無料でアップグレードできるということを去年知って(遅)

それから気持ちは微妙にFLに傾いております。Aviciiも使ってたし。

 

しかも、クロスグレード版(DAW乗り換え版)ならCubaseの7.5→10アップグレード版とほぼ同じ値段で買えるし。

安すぎる。FL Studio。

 

でも今更新しいDAW覚えるのめんどくさすぎて死ねる。はーどうしよ。

突然Steinbergが太っ腹になってCubaseのバージョンアップ無料にしてくれるのが一番いいんだけど。  

Native Instrumentsのダウンロード用アプリがめっちゃ進化してた

先日MacをクリーンインストールしてOSを最新にしたのでいろんなアプリを入れ直ししてたんですが、Native Instrumentsのアプリがめちゃくちゃ進化していて感動しました。

 

近年、Native Instrumentsのソフトシンセやらプラグインやらは「NI SERVICE CENTER」ってアプリをダウンロードしてアクティベーションしてからダウンロード、という流れでしたよね。でもこの「NI SERVICE CENTER」ってアプリがほんとクソで。(すいません)

ハードで購入した製品(HDDに入ったKOMPLETE )はダウンロードできないわ、ダウンロードで買ったソフトシンセをアップデートしようにも毎回途中でエラーになりまくるわでめちゃくちゃ不便でした。

 

んで、今回またあのSERVICE CENTERとかいうクソアプリを立ち上げねばならんのか…とげっそりして公式サイトにダウンロードしに行ったんですがなぜか新しいアプリ、「Native Access」をダウンロードしろとな。

 

早速ダウンロードしてみると、なんということでしょう。

 

ハードで購入した製品はダウンロードできるようになってるわ、インストールがめちゃくちゃさくさく進むわ、動作軽いわ、エラー全く起こらないわでめちゃくちゃ快適に進化してました。

f:id:HYLE:20190104231957p:plain

インストールできる製品が一覧に。画像もついてめちゃくちゃわかりやすい。何よりエラーが出ないのが感激。あのクソアプリからよくここまで進化したなあ…涙

 

未だにSERVICE CENTER使ってる方は早々にアンインストールしてNative Accessをインストールすることをおすすめします。😃あ、もちろん無料だよ。

Native Access

 

はーあWAVESもNIを見習ってほしいよ!まじで!!!←

突然Roland A-49の電源が入らなくなった時の対処法

焦った。壊れたかと思った。私の愛するMIDIキーボード、Roland A-49。

Roland MIDI Keyboard Controller ホワイト A-49-WH

 

今日作業しようとPCの電源入れてUSBでRoland A-49をPCに繋いだら、「POWER」ランプが全く光らず。

普通、電源の入ったPCに繋いだ瞬間に「POWER」ってとこのランプが青く光ります。が、今日は繋いでも何も光らず。

頑丈が取り柄のRoland、どうした。

 

PCはMacを使っているんですが、OSのアップデートもしていない。

なんもしてない。

なのに、突然使えなくなってしもた…。

ハードウェアがぶっ壊れたのかしら?最悪やんけーと思いつつ、とりあえずRolandの公式サイト(https://www.roland.com/jp/support/by_product/a-49/updates_drivers/)行って

 

1,OSに合ったドライバをダウンロード

2,ダウンロードしたファイルの中に入ってるアンインストーラーで一度PCに入ってるドライバをアンインストール

3,ダウンロードしたドライバをインストール

 

したら普通に電源ランプ付きました!焦った〜。よかった〜。

 

もしRolandのMIDIキーボード使っている方で突然電源入らなくなって焦っている方がいたら試してみてくださいな。機材によってドライバ違うのでA-49以外の方はこちらから探してみてください。↓

https://www.roland.com/jp/support/updates_drivers/

MIDI打ち込みのアコギ音をリアルっぽく聞かせる方法

ギター弾きたい。でも指の皮が厚くなるのが嫌だ。ということで頑なにギターを弾かないと決めているのですが、どうしてもギター音が必要な時ってありますよね。そんな時、MIDIでもアコースティックのギター音なら少しリアルっぽい音に近づけることができます。方法は、

 

普通にアコギの音をMIDIで打ち込んで、本物のアコギのサンプルから「キュ」というフィンガーノイズだけ切り取って貼り付けるだけ!!!

f:id:HYLE:20181211143501p:plain

上はギターのMIDI。下がフィンガーノイズのサンプル。

こんな風に少しだけ切り取ってところどころにぺたり。

 

これだけでMIDIだけの音よりかなり人間が弾いたっぽい音に近づきます。

 

Cubaseの場合は「ループブラウザ」のところにあるギターのサンプルで作れます。DAWに素材が無いという場合は探せばきっとインターネットのどこかに無料のフィンガーノイズ入りアコギギターサンプルとか落ちてるはずなので拾って切り刻んで作ってみてくだされ。

 

www.youtube.com

4:02〜からのアコギはこの方法使っております。

ディレイでごまかしてるので少しわかりにくいですが笑

音確認したい方は聴いてみてくださいな。

ちなみにエレキの音は自分的に不完全燃焼なので誰も何もつっこまないでください><

2ヶ月99円でサンレコ読みまくれるー!【2/11の1:59まで】

前回、Kindle Unlimitedでサンレコが読み放題〜って記事を書いたのですが、

 

hyle.hateblo.jp

 

なんとKindle Unlimitedのセールで2ヶ月99円でサービスが利用できるとな。 

これはまじでお得。

Kindle Unlimited

 

Kindle Unlimited利用したことがある人でも、過去1年以上Kindle Unlimited使ってなかったら普通に2ヶ月99円で利用できます。

 

私も過去にKindle Unlimited使ってたことあるんですが、今回普通に2ヶ月99円で利用できました。

 

f:id:HYLE:20181210180014p:plain

 

「2ヶ月¥99.00」のボタンが現れる人はセール価格で利用できます。

 

 

私も今読んでるサンレコのサンプル読み終わったらちょうどKindle Unlimited登録しようとしてたところだったのでまじでありがたい。

 

サンレコ興味無い人も普通にいろんな本が読み放題で読めるのでとてもお得。みんなお得。ぜひ。

 

セールは2/11の1:59までなので登録したい方はお忘れなく〜。

2ヶ月99円/Kindle Unlimited登録はこちら

Native Instrumentsのセール、初心者だったら何買うか

Native Instrumentsでサンクスギビングセールやっておりますね。

Thanksgiving Sale | 製品

175製品が半額とな。

毎年この時期のDTMerはテンション上がります。

 

私もNative Instruments製品のヘビーユーザーの1人ですが、もし自分がサードパーティー製品を1つも持っていない初心者だったら何買うのが一番かな〜と妄想してみたところ、シンセのMassisve一択やな、と思いました。

Komplete : シンセ : Massive | 製品

 

お金がある人に勧めるのはシンセやらエフェクターやらサンプラーやらがてんこ盛りになったKOMPLETEのULTIMATE一択ですが、初心者でいきなり14万も出せる人は少数派かと。まずはセール利用してお試しで1個くらい買ってみたいな〜という方には圧倒的にMassiveがおすすめです。

 

リズム隊とかピアノ音源とかはわりとDAWに元から入ってるシンセ達でなんとかなります。というか私は未だにがっつり使っております。でも、野太いシンセ音とか野太いベースって、どうしてもDAWに元から入ってる音源じゃしょぼいんですよね…。ひ弱。なんとか野太い音を作れる人もいるかもしれませんが、私は無理でした。

私もKOMPLETEのULTIMATEを買う前、始めてNative Instruments製品を買う時にはMassiveを購入しました。ほんといい買い物だと思いましたよー。今でもベース音では必ず使ってるし。リードの音とかすごい好き。

 

あー、でも最近はシンセってNexus2とかSerumの方が人気なのかな?まあセールだとMassiveのが圧倒的に安いので結局Massiveおすすめ。

 

エフェクターとかのプラグインはNative InstrumentsよりもWaves製品のほうがいいと思う。値段もWaves Goldならセール価格すごい安いし。

 

 

セールは12/2までだそうですー。

www.native-instruments.com